続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

カプリブルーイヤリング

IMGP7028.jpg

ポリマ粘土粘土で作ったカボションを中心にイヤリング。
カボションに合うビーズを探したらカプリブルーにたどり着いた。
色々な青がある。

母親の年

最近はなかなかお花屋さんに常駐できないので
花束を作る機会が減ってきているが
昨日は珍しく4つの花束を作った。

一つ目は白い花が好きな奥様に白の薔薇とユリの花束。
次は老紳士が2人の女性にお礼したいとオレンジと黄色系の花束を二つ。

最後の一つは10代後半くらいの男の子。
お母さんへの誕生日の花束だと言う。
私のすぐそばで花束を作る過程を見ていた。
彼はちょっと緊張した感じだったので
「お母さんのお誕生日の花ね。お母さんは何歳になるの?」と聞いた。
途端にふっと硬い表情が崩れて笑顔になり
「知らない」と言った。
「知らないの?まあ誕生日を覚えていることのほうが大切ね」と笑った。

花束にはミニカードを付けるサービスもついていて
どのカードがいいか尋ねるとメッセージも私に書いてほしいという。
結局そのカードの他に本当のバースデーカードも代筆した。

To Mum,
Have a great day!
I love you.
Joseph

ジョセフがふっと見せたとてもいい笑顔。
昨日は一日彼の笑顔に癒された日だった。

どら焼き

今日はマンチェスターのチャイナタウンまで買い出しに行ってきた。
大体いつも2軒のスーパーマーケットに寄ってくる。
目と鼻の先のスーパーなのに値段が微妙に違う。
物によると一ポンドも違ったりするのでこの2軒で値段を考えながら買い物する。

2軒目に行くと愛想のない店主がいた。
若いので店主の息子かと思う。
もう15年くらい通っているので顔なじみというか
顔を覚えていてくれるようだ。
でも会話したのは数えるほど。

珍しく今日支払いの時にこの人がどら焼きが入ったよと教えてくれた。
私は甘いものが苦手なのでちょっと甘すぎてと言うと
納豆もあるよと勧めてくれた。
納豆はまだあるので今日はいいわと答えた後
納豆食べたことあると聞くとないけどしょっぱいのと聞いた。
とっても粘り気があるの。
多分あなたは食べられないと思うと言うと
夫が僕は食べたことあるよ。
でももう食べないと自慢気に言っていた。

チラッと見たどら焼きは4個くらいが真空パックになっていた。
4.99ポンドはちょっと高いと思った。

胡蝶蘭

バレンタインの翌日ミニ胡蝶蘭が半額になったので買った。
枝が2本あってずいぶん長い間花を楽しませてくれた。
花が終わったので短く切った。
以前あった物は次の花を咲かせるのに3年かかった。
昨年父が亡くなり2か月ほど日本にいた時期に
夫が水やりをしてくれたのだが水のやりすぎでご臨終。

先週胡蝶蘭に水をやっていたら何やら根元から出てきたものを発見。

IMG_20170830_152150799_HDR.jpg

6か月もたたないうちにまた枝が伸びるとは。
一週間でぐんぐん伸びている。

IMG_20170908_142624458.jpg

また花をつけてくれるのかな。
とても楽しみ。

赤い薔薇

IMGP7051.jpg

お楽しみ袋に入っていたハート形のチャームに赤い薔薇をあしらってみた。
薔薇は粘土が柔らかいうちに土台の上につけていくのだが
なかなか上手い具合に乗せられなくて四苦八苦。
ちょっと薔薇の傾き具合が悪いなと思ってしまう。
あまり自信がなかったのにオンラインショップにあげたら
翌日に売れてしまった。
自信がないと思っていたのに気に入ってくださる方がいて驚いた。
今までで一番早く売れた。

最近寒くなってきてヒーターを入れる日も出てきた。
また暖かい日が来るかな。

パニック男

IMG_20170901_104204067_HDR.jpg

今日は私のお休みで夫が楽しみにしていた釣り。
私がこの写真を撮った後に悲劇は起こった。
夫が腰かけて使うシートボックスの調節して使う四脚うち一つのねじが
馬鹿になったのか締まらない。
夫の体重を支えるのに消耗してしまったのだろう。
もう3年くらい使っていた。
シートボックスに座って釣りができないから
家からアウトドア用の折りたたみ椅子を持ってこようかと尋ねると
もう家に帰ると言う夫。
たった今一日券を払ったばかり。
事情を説明して払い戻してもらうのと聞くとそんなことはできないと言う。

夫はとにかくパニックに陥りやすい。
どうせ買い替えなければならないのは明白。
せっかく来たのだから釣りをして新しいシートボックスのことは
後で考えればいいと思うのだがもうパニックになっているので何を言っても無駄。
余計パニックになってヒステリーを起こすだけ。

帰りの車の中では言葉も出ないくらい落ち込んでいる。
もうこの世の終わりのよう。
物なんだから永遠に使えるわけじゃないよ。
また新しいのを買えばいいだけのことでしょと言っても沈んだまんま。
面倒くさい男だ。

家に戻り何が原因か調べたがわからなかった。
インターネットで新しいシートボックスを注文した。
その後ようやく安心したのか血圧が上がりすぎたのか
ただいまお昼寝中。

私にとっては大したことではないことでも
夫はすぐにパニックになる。
それはそれで置いておいてなんて無理だ。
もう他のことなど考えられない。
それしか見えない。
私が解決策をいくつか出して
それを納得できるようになったら落ち着いてくる。
困ったパニック男。

コットンパールイヤリング

8月ももうすぐ終わり。
日本で買ってきたコットンパールを使いたくて考えたイヤリング。

IMGP6989.jpg

とても軽い。
綺麗な色なのでパールが引き立つように
シンプルにしてみた。

IMGP6992.jpg

ところで2,3日20度ちょっとの暖かい日があったけど
今日は10度近くも気温が下がって空気も冷たい感じ。
また暖かくなるかな。

ロングロストファミリー

テレビでLong Lost Familyのシリーズが始まった。
数少ない興味深いイギリスの番組だ。
今回のお話は生き別れた兄とまだ見ぬ父を探す2話だった。

兄を探していたのは三人兄弟の末っ子の男性。
母親が亡くなった6年後に叔父が母親の秘密を打ち明けた。
母親は結婚前に2人子供を産んでいてそれぞれ養子に出していた。
男性の兄と姉にあたる。
姉は母親が健在だったころに母親に会いたいと連絡を取ったが
母親からは会えないと手紙が来た。
姉は母とは会えなかった。
叔父から姉兄のことを知らされた男性はまず姉に連絡を取り会えた。
他の兄弟とも家族付き合いが始まっている。
しかし兄のことは10年以上も探していたが手掛かりがなかった。
そこで番組に依頼した。
兄はオーストラリアにいた。
養父母からは実の両親は事故で亡くなったと聞いていた。
結婚したがすぐに奥さんが亡くなり子供はおらず天涯孤独だった。
そこに突然4人の弟妹がいることを知らされる。
一気に家族が増えた。

父を探していたのは30代半ばの看護婦。
母は夏休みのアルバイトでロンドンからの男性と知り合った。
夏休みが終わり男性はロンドンに戻っていった。
連絡を取り合っていた2人。
母親は妊娠に気が付く。
男性に妊娠したかもしれないと電話をした。
出産後男性に電話するが男性の母親が電話に出た。
子供が生まれたと言づけを頼んだがその後男性からの連絡が途絶えた。
番組が父親を見つけた。
父親は子供が生まれたことを知らなかった。
男性の母親が伝えなかったのだ。
男性は子供がいたこと、自分の母親が秘密にしたことにショックを受けたが
娘に会えることをとても喜んだ。
子供がいなかった男性は一気に娘と2人の孫まで恵まれた。

この2人のケースの共通点は事実を知らせたくなかった
2人の母親がいた。
今ある家族を守りたかった母親。
息子の将来を守りたかった母親。

時は流れ残された兄弟や娘が探し出した肉親。
それぞれの家族のためにいい方向へ向かってくれた気がする。

電話

友達が引っ越した機会に電話は付けずに携帯だけにしたと聞いてから
我が家の電話もやめてもいいかなと夫と話していた。
電話はほとんど携帯で済ませるようになった。

夫の母が生きていた頃は毎日のように電話をしていたが
それも家電から携帯に変わりつつあった。
夫の母が亡くなってからは家電からの電話はほとんどない。
私が日本に電話をするのもすべて携帯からだ。
携帯で契約した国際電話のほうが家電の国際電話より安い。

ブロードバンドさえ使えれば電話はいらないねと夫と話していたら
電話会社からメールが来た。
3.5ポンド値上がりになるという連絡だった。
今の電話代はブロードバンド代込みで57ポンド。
それが値上がりになると60ポンドを超えてしまう。
このメールをきっかけに電話をやめるつもりで
電話会社に電話をした。

結局電話を止めて33ポンド。
最低のサービスで電話を残しても36ポンドと3ポンドしか変わらないので
電話は残すことにしたがそれでも月20ポンド以上の節約になった。
もっと早く変えるべきだったねと話している。

年金

在英国日本大使館のサイトを見ていたら年金についてのお知らせがあった。
受給資格期間が25年から10年になったと。
そう言えば里帰り中、実家のお向かいのご主人と話していたら
10年に変わると言っていたのを思い出した。

今から16年くらい前、イギリスに来る前に年金事務所で質問した。
その時は受給時に日本にいないともらえないと言われた。
その時にどこにいるかはわからない。
もらえるかどうかわからない年金を収めるのは余裕がないと思い諦めた。
日本の年金はもらえないものと思っていた。
イギリスでは10年上働いていれば全額ではないがもらえることになっている。

今回の改正は年数だけでなく外国に住んでいる場合は
外国まで年金を送金してくれるそうだ。
年金ネットに登録をするとIDを今住んでいるところに送ってくれるとあったので
早速登録してみた。
そして今日そのIDが日本から郵送されてきた。
一週間ぐらいだった。

私の受給資格期間は19年くらいだったので勿体なかったと思っていたが
今回いくらかでももらえることがわかってとても得した気分。

今外国にお暮らしで過去に10年くらい年金を収めていた方、
チェックしてみたほうがいいですよ。