続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

レジの利点

職場の慢性的な人手不足で私の勤務時間の半分くらいは
レジのヘルプになる。
自分の本来の仕事もあるのでストレスの種にはなるのだが
利点もある。

レジでスキャンしてセール品だとわかること。
そうだ、これきれていたから買わなきゃと思い出させること。
興味がある商品でまだ買ったことが無く
お客さんに美味しいのかいい物が聞いたりできること。

昨日はアジア系の若いカップルがやってきて
冷凍のベジタリアン餃子を買っていた。
マンチェスターの中華街では買ったことがあるが
まさか自分の働くスーパーでも買えるとは。
これここで売ってるのと若いカップルの尋ねると
そうだよ、他にもあるよと教えてくれた。

自分でスーパーを回ると自分の知っているところしか見ない。
レジでは他の方の買い物籠の中身を見ることになる。
これが結構いい情報が満載だった。

バレンタイン2017

今年のバレンタインは終わった。
去年は帰国中でいなかった私。
今年は今まで仲間で働いていたデイブは違う部署。
サムは足骨折でまだ仕事に復帰していない。
結局私一人と新しいマネージャーのダニー。

一昨年前と比べると花束のサービスを頼む人は少なくなった。
それは私達がほとんどお花屋さんにおらず
レジの手助けをしていることが多くなったので
ラッピングサービスは終わったと思っているお客が増えたせいもある。

それでもバレンタイン前日、当日は時間帯によっては
ラッピングを待つ人だかりができた。

今回は大量のバラを花束にと希望するお客さんが二人。
それも続けていた。
最初は赤、白、黄色、ピンクのバラを一つに花束に。
とても一束にはまとめられないので3つの束を作り
それを合わせて一つにまとめた。
その直後のお客さんが真紅のバラ90本を使った花束。
これは今までで一番大きな花束だった。
色とりどりのバラも綺麗だったが
真紅のバラだけの大きな花束は凄みがあった。

翌日私の手を見てみると小さな傷だらけ
バラの棘だ。
何とかこの日を乗り越えホット一息。
次は母の日だ。

サファイアイヤリング

IMGP6601.jpg

大好きなサファイアのリボリを使ってイヤリング。
この青はいいな。

ゆで卵

ゆで卵の作り方(出演:夫)。
夫は大の卵好き。
これは里帰り中に見たテレビで毎日千個以上も
ゆで卵を作っているお店の方が伝中。

卵の尖がった方を下にしてお尻のほうを
軽く叩いてひびを入れる。

IMGP6597.jpg

IMGP6598.jpg

私は冷水から15分茹でる。
冷水にとって卵全体に軽くひびを入れ1分くらい置いて殻をむく。

IMGP6599.jpg

けっこう楽にむける。

仕切りなおし

今日は日本食買出しにマンチェスターへ向かった。
向かう車の中で今日は仕切りなおしだよと
夫に相撲の説明をした。

実は1週間前の日曜日にマンチェスターの中華街に向かった。
日曜日は交通量が少ないのでいつもマンチェスターに行くのは日曜日。
中華街まではスムーズにたどり着いて路地に入ろうとしたら
警察が出ていて通行止め。
どの通りも通行止め。
チャイニーズニューイヤーだった。
普段車を止める通りは出店が出ている様子だった。
結局車を止める所もわからずそのまま帰ってきた。
高速を使って片道30分以上。

昨日最後のお米を使い切って待った無し。

昔は錦というお米を買っていたのだが
全く無い時があってその時に韓国のパッケージに
スシライスと書かれた物があったので試しに買ってみた。
味はほとんど変わらずちゃんと粘りもあり
それからは韓国商品に変えた。
なぜかと言うと値段が半額に近いのだ。

お米からカップヌードル、お味噌など必要な物を買ってきた。
これで1ヶ月は大丈夫。

ダリアイヤリング

昨日は節分だった。
何も日本らしい行事をしていないが
豆まきぐらいはしたいと殻に入った落花生を探した。
道産子なので豆まきは落花生。
しかしお店で見当たらず殻つきということでピスタチオで豆まき。
照れながら夫も手伝ってくれた。

ビーズはピアス。
ビーズ雑誌に載っていたものを作り始めたのだが
出来上がったら物足りなくて縁にビーズを増やし
ティアドロップのビーズを下げたらなんとなく納得できた。

IMGP6591.jpg

ジューリーのインドネシア

ジューリーの夫が昔仕事でインドネシアに長期出張していた時期があった。
ジューリーが夫を訪ねてインドネシアに行った時の話をしてくれた。

ジューリーの姓はプレタン。
夫からインドネシアに来る前に言われていたことがある。
プレタンはインドネシア語のののしる言葉、Fワードと同じ発音だから
姓を言わないようにと。
滞在中何とか苗字を言わずに済んでいたのだが
帰りに空港でジューリーを呼び出すアナウンスがあり
その女性が苗字をいい終わるたびにクスクスと笑っていて
聞いているインドネシアの人たちも笑っていたそうだ。

もう一つの話は夫が滞在していた町に着いたら
夫が誰にも名前を教えたらだめだよと言われたそうだ。
それは頭にあったのだがビーチで買い物をした時に
店の女性から名前を聞かれついジューリーと言ってしまった。
翌朝一人でビーチに散歩に行ったら行く先々で
「おはようジューリー」といたる所、知らない人達から
声をかけられてびっくりした。
夫にはだから言ったでしょと言われたそうだ。

人懐っこくって優しい人たちだったそうで
インドネシアはジューリーにとっての懐かしい国になっている。

指輪

久しぶりにビーズで指輪。

IMGP6564.jpg

IMGP6547.jpg

同じ編み方だけどビーズや色を変えると雰囲気が変わる。

お出かけ

一昨日かつて一緒に仕事をしていたジューリーと出かけた。
あまり出かける場所を知らない私なので全てジューリーにお任せ。
家まで彼女の車で迎えに来てくれた。
車を発車させて行き先を教えてくれた。
それは昔夫の母が住んでいた隣町だった。
見慣れた町並みが見えてくるととても懐かしい気持ちになった。

イギリスに来た頃よく夫の母の家を訪ねた。
美容室もよくわからず散髪をどうしようかと考えていたら
お母さんの家に週に1回来る美容室さんに頼んでくれて
1度か2度ほど髪を切ってもらったこともある。

その町のマーケットに毎週水曜日がらくた市がある。
ジューリーはそこに連れて行ってくれた。
何度か私も行ったことがあり楽しかった。

お昼はハムとチーズのパニーニ。
WP_20170125_12_43_09_Pro.jpg

おしゃべりに花が咲いた。
ジューリーはクロスステッチの刺繍が趣味で
この後、我が町のクラフトショップに連れて行ってくれた。
いつもこのお店の前は素通りしていて何のお店か知らなかったのだが
他のクラフトショップに比べるとかなり安く雑貨も豊富だった。
またゆっくり来たいと思う店だった。

夫と一緒だと買い物も早足で終わりだし
ウインドウショッピングは無理。
ジューリーの夫も同じ感じで
私達は女同士のデイトを楽しんだ。
ジューリーは次回もKemmiの行ったことがない所に
行こうねと約束した。
たまにはこんなおしゃべりも楽しい。

チョコレートローズ

しばらく粘土もビーズもご無沙汰だった。
やっとやりたい虫が動き出してきた。
これは去年の11月に作ったもの。
チョコレート色のバラ。
久しぶりだったのでなかなかバラがいい形にならず
何度も作り直しだった。

IMGP6542.jpg