続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

食べ物

カテゴリ:食べ物 の記事一覧

マリネ

里帰り中に母のマリネを食べた。
夫も好きでずい分前は私も作っていたのだが
ここ何年かご無沙汰していた。
作り置きしておくと1週間ほどもつ。
ご無沙汰していた理由は切る野菜の量が多いことだった。

野菜を切る。
玉ねぎ2個、パプリカ赤と黄を1個ずつ、セロリ3本くらい。

塩で揉んで10分ほど置く。
軽く洗って塩気を取る。

マリネ液を作る。
酢  大さじ4(我が家はりんご酢)
醤油 大さじ2
つゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん大さじ1

ここから夫の出番
タッパーにマリネ液を加えた野菜とハムを交互に重ねていく。
IMGP3926.jpg
切るところからやってくれるとかなり助かるのだが・・・

最後にボールに残ったマリネ液も加えて
ラップを張ってから蓋をし冷蔵庫へ。
IMGP3927.jpg

母のマリネはボイルベビーホタテや茹でたイカ、たまにハム。
シーフードはそれからもだしが出て美味しいのだが
夫はシーフードが苦手なのでハムしか使えない。残念。
母のマリネ液はつんとこなく美味しい。

仕事が遅く終わるときは出来合いのもので済ませるのが多いので
野菜不足になってしまう。
この一品があると結構助かる。

追記;砂糖の分量間違えました。大さじ1に訂正しました。

パープルペッパー

IMGP3589.jpg

変わった物好きなので初めて見た物は
とりあえず試してみたい。
パープルペッパー。

切ってみたらびっくり。
IMGP3592.jpg
果肉もパープルだと思っていたら緑だった。

炒め物に使ったら加熱されると緑色になるようで
普通のペッパーと変わりなかった。
期待した分ちょっと残念だった。

初マカロン

IMGP3513.jpg

いまだにマカロンを食べたことがなかった。
色とりどりで美味しそうだなと思っていたが機会を逃していた。
先日よく行くLidlのスーパーで見つけた冷凍マカロン。
試しに買ってみた。
パッケージを見ると直径4,5センチのマカロンかと思ったら
中身は3センチもない可愛らしい物だった。
自然解凍して夫と頂いた。
美味しい!
夫とあっという間に全部食べてしまった。
冷凍でこれだけ美味しいなら話題になっているマカロンは
どうだけおいしいのだろう?
里帰りした時に日本のマカロンを食べてみたい。

ポットロースト



7日から10日ほどのお休みでのんびりさせてもらっている。
こんなときはスローフード。

昨晩我が家の食卓に上がったのがポットロースト。
簡単でとても美味しい。
夫の大好きなメニュー。
ルクルーゼの鍋にキャベツ、じゃがいも、マッシュルームを入れ
その上に肉の塊を置いて白ワインを50ccほどふりかけるだけ。
あとは蓋をしてオーブンにお任せ。
150度で2時間、その後扉を開けずにオーブンを止めて
そのまま1時間置いて出来上がり。

お肉はナイフがいらないほどほろほろと崩れる。
キャベツはトロトロ。
じゃがいももうまみを吸って美味しく煮えている。

お肉は何の塊でもいいようで味が付いていない物は
塩を振って一晩寝かせいてから使う。
我が家では最近Lidlのマリネされた豚肉を使っている。

3時間かけて作っても夫があっという間に食べてしまう。

Panettone



イギリスのクリスマスプディングが苦手。
とてもヘビーなので一口食べたらもういいと思ってしまう。
それにかける甘いこってりとしたソースも苦手なのだ。
以前からイタリアのクリスマス菓子パネットーネを
食べてみたいと思っていたが
大きいものばかりでたぶん私しか食べないと思うと
買うのをためらっていた。
今日近所のスーパーに行ったら100gの
小さなサイズがあったので買ってみた。
さっそく食べてみると軽くてレーズンや
オレンジの皮などのドライフルーツが入っていて
美味しかった。
私にはこの軽いクリスマス菓子がちょうど良い。

職場のスーパーは今日は営業していて
デイブもサムもお仕事。
私は一足早く今日から3日間のお休み。
夫の母の所には午前中に顔を出してきたので
あとは2人でゆっくりと静かなクリスマスを過ごす予定。

アプリコットブランディ

IMGP3201.jpg

お酒続き。
マンチェスターのクリスマスマーケットでいただいた
アプリコットブランディ入りのホットワインが美味しかったので
アプリコットブランディ自体を買ってしまった。
食後に小さなグラスでいただいたり
夫がアイスクリームにちょっとかけて食べるのも
美味しいらしいと聞いてきてやってみた。
これもなかなかいける。

夫が職を失ってからはなかなか贅沢はできなくなったが
だからこそこんなちょっとしたことがとても贅沢に思える。
そして一緒に美味しいねと喜べるのも
幸せなのだなと思う。

ラベルに惹かれて

IMGP3194.jpg

お店で見かけたフランスワイン。
絵が可愛くて小瓶を思わず衝動買い。
味もよかった。

chat en oeuf
猫     卵

enは「に」とか「で」と辞典にあったが
「猫のたまご」と訳すのか「猫とたまご」と訳すのか?

フランス語のわかる方、教えてください。

追記;cat on eggだそうで
   「たまごの上の猫」になるようです。

冬と言えばこれ

IMGP3172.jpg

最近は気温が零下前後。
寒い。
やっぱり温かいものが食べたくなる。
我が家恒例の肉だんご鍋。
スーパーでPea Shootsと言うのを見つけた。
豆苗だ。

身体が中から温まる。

ドライマンゴーヨーグルト

最近鉄分が取れる食べ物を検索していたら
ドライマンゴーにも鉄分が結構含まれているそうだ。
さらに色々と検索していたらヨーグルトで食べるのに行き当たった。
ヨーグルトは甘みのついていないプレーンヨーグルト。
ドライマンゴを2センチくらいに切って
ヨーグルトに混ぜる。
IMGP3016.jpg
この後マンゴーは下のほうへ沈めた。

マンゴーがヨーグルトの水分を吸ってプリプリになる。
ヨーグルトにはマンゴーの甘みがつき濃厚に。

24時間待つとよいとあったので24時間経ったもの。
IMGP3020.jpg
マンゴーが生マンゴーと思えるほどプリプリになった。
ヨーグルトも美味しくて久々のヒット。

ルイボス茶

redbushtea.jpg

貧血で鉄分の薬を飲むことになったら問題点がひとつ出てきた。
私は紅茶が好きで1日に3,4杯は飲んでいる。
しかし紅茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げるそうだ。
紅茶があまり良くないのであればそれに代わるお茶はないかと探してみた。
水よりは温かい飲み物が飲みたい。

麦茶がカフェインもタンニンもなく一番良いようだが
イギリスでは簡単に手に入らない。
ハーブティーはどうかと検索していくうちにルイボス茶にたどり着いた。
ルイボス茶はカフェインなし、タンニンも微量だそうだ。
これなら手に入りやすいのでさっそく買ってみた。
ミネラルが豊富で抗酸化物質も多く含まれているそうだ。
鉄分を取ると便秘の副作用があるそうだが
私の場合は全く大丈夫。
腸内環境を整え,便秘改善への効果もあるそうでそのおかげなのか。
大便の臭いを和らげる効果もあるそうで
このお茶を飲み始めてからさらにお通じもよく
臭わなくなってきた気がする。

夫にもよさそうで勧めてみたが2口飲んでギブアップ。
夫の中では紅茶とコーヒーぐらいしか受け入れられず
ちょっと変わった味がするともうだめ。
身体に良いと勧めても夫には何の効果もない。

イギリスではレッドブッシュティーまたは
レッドティーと言う名で売られている。
南アフリカが原産国のお茶で「不老長寿の飲み物」の
飲み物として親しまれているそうだ。