続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

夫の七不思議 > 付き添い

付き添い

Image0238.jpg

かなり寒くなってきたが今日はお日様が出ていたので
夫を釣りに連れて行った。

昨日は子宮内視鏡の検査だった。
入院中に受けた検査の東ヨーロッパ人の女医さんがとても嫌な感じで
苦痛も伴ったのでちょっと行くのが嫌だった。
婦人科はとてもいい雰囲気で
この日担当してくれたインド系のドクター、ナースは
とても気を使ってくれた。
緊張を和らげるようにしてくれたりと
前回の検査とは比べ物にならないくらい配慮されていた。
痛みもそれほど感じずスムーズにすんだ。
貧血は落ち着いているので子宮筋腫の治療に取り掛かることになった。
偽閉経状態にするための注射治療を始めて
筋腫が小さくなるのを促す治療になる。
もし注射が効かなければ最終手段は子宮摘出だそうだ。

今回も夫は病院に付き添ってくれてドクターの話を聞いた。
夫と一緒になってからどんな些細なことで
病院にかからなければならないときも付き添ってくれた。
40年近く自分のことは自分でやることに慣れていたので
最初は夫に甘えるのがちょっと恥ずかしい感じがした。
夫は仕事中でも事情を伝えて職場を抜けてきたり
早退したりして必ず来てくれた。
日本では妻の病院に付き添うのは早退や休みの理由には
ならないかもしれないがイギリスではあり得る。

私の前に診察を受けていた年配の女性二人も
ご主人と一緒だった。

夫がもし東ヨーロッパ人の医師だったら
すぐに診察を拒否するように言うからと言っていた。
やはり心細さはあったので付き添ってもらえてよかった。

スポンサーサイト

本当に優しいんですね。
自分がその人の気持ちになって、その人の立場になって考える事ができる人なんですね、きっと。
いいなあ、kemmiさん、幸せですね。

2012.11.04 23:56 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

頭に来ることも色々とありますが
根は優しい人だと思います。
私は子供の頃から甘えるのが苦手でした。
親にとっては手のかからない子だったようです。
異国なので心細いこともありますが
そんな時に夫を頼っていいと思えると気が楽になります。
幸せなんでしょうね。ハハハ・・・

2012.11.05 05:31 kemmi #- URL[EDIT]
医師。

先日、かみさんに付き添って...の医師の話しを
聞く機会がありました。娘とかみさんが言って
いた医師の突き放した物言い(説明をした)を
聞いたのが理由でした。ネットで調べ医学書を
読み(家庭の医学書...程度の^^;)私が直接
聞いて、二人の言う通りの冷たい対応なら別の
医師に替えてくれと言うつもりでした。
質問事項を控えていたので、話しの合間に聞き
ある程度納得することができました。
医者は直すことに最善を尽くすのは当たり前で
患者の不安を取り除くことも大切だと思います。
異国の地で医者を頼りにせねばならない状況で
温かなフォローができるか否かは患者にとって
最重要項目だ、と思います。治療経過が順調に
良い方向にいくといいですね。(^^)

2012.11.05 08:48 北の旅烏 #- URL[EDIT]

異国暮らし。
たしかに、心細いことが多いですよね...。
我が家は、どちらも、異邦人なんで、もう、もう、頼って、頼って、頼られて、完全なる二人三脚状態です。
結果...。
日常生活を円滑に過ごすために、お互い、けんかの回避がうまくなりました。

2012.11.05 15:34 tuguki #- URL[EDIT]

ただでさえ病院での検査というと不安になるものなのに、そこで気分が悪くなるような対応をされると、本当に苦痛以外の何物でも無くなりますよね。日本なら嫌な医者なら別の病院に行けば良いという選択肢もありますが、イギリスはそうも行かない。

旦那様が一緒に病院に付き添って下さったこと、それだけで不安が和らぎますよね。絶対に自分の見方をしてくれる人の存在の大きさが、外国では特に心強く感じられるような気がします。

今回の診察は、嫌な思いをされずに住んだようで良かったです。

2012.11.06 06:02 おゆり #mQop/nM. URL[EDIT]
北の旅烏さま

奥様心強かったでしょうね。
医師の中には患者を人としてではなく
物のように扱う人もいますね。
私は東ヨーロッパの医師にそう感じました。
でも今回のドクターやナースたちはとてもいい感じで
治療が終わった後もアンケートを取って
その日の治療はどうだったかとフィードバックを求めていました。
次回からは安心して行けると思いました。
あとは治療が上手くいくことだけですね。

2012.11.06 06:07 kemmi #- URL[EDIT]
tugukiさま

お互いに頼りあえる関係は大切ですよね。
特に異国で生活するには。

素敵なご夫婦像が想像されます。
tugukiさまの毎日の料理が素晴らしい。
だんな様がうらやましいと毎日よだれをたらしています。(笑)

2012.11.06 06:15 kemmi #- URL[EDIT]
おゆりさま

入院中3人の医師に会いましたが
2人はとても感じがよかったのに
たった一人の感じが悪かったのが結構トラウマになっていました。
夫が付き添ってくれること、
嫌な医師だったら夫が受診を中断させると断言していたので
結構心強かったです。
夫が勝手に一人で病院に行けという人でなくて
本当によかったなと思っています。
普段はアホな人ですが・・・(笑)

2012.11.06 06:23 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する