続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

イギリス > Chirstening 洗礼式

Chirstening 洗礼式

日曜日は夫の友達の子供の洗礼式だった。
イギリスでは日本のように百日ときっかり日にちは決められていないが
子供が生まれたら洗礼を受けさせる行事がある。
その日は教会に親戚や友人が集まってお祝いをする。
この日は3人の洗礼だった。
夫の友達の子は6ヶ月。それから2歳近い女の子と4ヶ月の女の子。

イギリスのフラワーアレンジメントの起源は教会に飾られるお花だったので
それを楽しみにしていったのだがこの日行った教会は
経費節約なのか全てが造花でちょっとがっかり。
後日職場でその話をするとイギリス人の同僚も
教会の花が造花だったと聞いてびっくりしていた。

式が終わるとすぐに近くのパブに移動。
両親が借り切った会場で宴会のようなものをする。

6ヶ月のジャックと55歳の夫。
IMGP3007.jpg

ジャックはご機嫌で声を出して笑っていた。
IMGP3010.jpg

夫は昔赤ちゃんだった姪っ子たちの面倒を見ていた頃があるそうで
私よりずっと赤ちゃんを抱いたりあやしたりするのが得意。
私はと言うと赤ちゃんは抱くより見ているほうがいい。

スポンサーサイト

わかる〜〜〜〜!!
私も赤ちゃんは見ている方がいいです。
どうかかわったらいいのかわからないんです。
目が純粋すぎて、ちょっと怖いし.......。
でも旦那さん、うれしそうですね〜〜、心から小さな人たちの存在を喜んでいるんでしょうね。
いい人だなあ。

2012.10.17 23:25 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

赤ちゃんと動物は見るものをハッピーにしますね。
人の優しそうな顔を見るとほっとします。

写真を見てつくづく2人の大きさの違いがわかります。
夫にもこんな小さな時があったのかしら?
生まれたときから大きかったと言ってましたが・・・

2012.10.18 07:04 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する