続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

好きなもの > ジョナサンandシャーロット

ジョナサンandシャーロット

久々に買ったCD。
Jonathan and Charlotte の「Together」
Jonathan-and-charlotte.jpg

二人はまだ17歳の若きオペラデュオ。

二人は数年前から始まったタレント発掘番組
「Britain Got A Talent」に出場した。
日本でも知られているポール・ポッツ、スーザン・ボエルを
生み出した番組だ。
最終的に二人は二位となり優勝を逃したが
24日にオペラデュオとしてアルバムを出した。
オペラはあまり聴かないが二人の歌声に魅せられて
このCDを買うことにした。
出来上がりは満点。
ジョナサンの力強い声とシャーロットの
透き通る美しい声が合っていて期待以上だった。

下にビデオを張っておきます。
ビデオではジョナサンが太っていることで
小さい頃からいじめられ自分に自信が持てなかったこと。
シャーロットは見かけだけで彼を馬鹿にする人は
我慢がならずいつも彼の味方であったこと。
ジョナサンはシャーロットがいなければこの舞台に立つことは
なかっただろうと言っています。

二人は同じ先生のところで歌を習って
デュオを組むことはその先生のアイディアだったそうです。

ジョナサンの歌声に驚いた審査員のサイモンは
シャーロットの力量ではジョナサンとバランス取れないので
シャーロットを変えて他の人にしたらどうだと提案しますが
ジョナサンはきっぱりと
彼女とデュオとしてやってきたのでこれからも
このままで行くと断ります。



この動画はブロックされているので画面中央の
Watch on YouTubeとういう青い文字をクリックしてください。
別のウインドウで見ることができます。

スポンサーサイト

今年のBGTの出場者、粒ぞろいでしたよね。オーディション部分はあまり見れなかったのですが、義父に「ファイナルはすごく良かったから、観たほうがいいよ!」と言われ、再放送を観ました。

リアリティー番組を毛嫌いする人もいますが、Kemmiさんも触れていたようにポール・ポッツさんやスーザン・ボイルのようにこういう番組がなければ一生埋もれていたであろう才能を発掘する機会を与えてくれるという意味で、私は支持しています。

2012.09.27 04:34 おゆり #mQop/nM. URL[EDIT]

今まで日本で放映された映像と歌声を聴くたびに
なぜか涙が溢れてきます。ボッツさん、ボイルさん。
そして彼らの歌。スタンディングオベーション...
そこで聞いているかのような感動を憶えます。
ちゃらけた日本のAKB48騒動に振り回される
日本のNHKを含めた民放&報道機関。そして、
おばかキャラ芸人をこれでもか、と使う低能さ。
この違いに気付いて欲しいもの、と思いますね。

2012.09.27 08:18 北の旅烏 #- URL[EDIT]
おゆりさま

私も番組は見ていなかったのですが
ユーチューブでチェックしていたら
彼らの歌声を見てびっくりしました。
それでファイナルだけオンタイムで見ました。
犬が優勝したときはそちらを選んだイギリス人にびっくりしましたが・・・
私も他のタレント発掘番組よりはBTGが好きです。

2012.09.29 18:01 kemmi #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

歌の上手い人、才能のある人がいるものだなと
感心させられます。
イギリスにいていいと思うのは下手な歌を聞かなくて良くなったことです。
日本のニュースはAKBがらみのニュースばかりで驚きます。
里帰りに見たテレビも同じような女の子ばかりで見分けがつきませんでした。

2012.09.29 18:06 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する