続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > デイブの事情

デイブの事情

IMGP2966.jpg

以前職場のボス、デイブのお姉さんのことをブログに書いた。
ゲイのデイブと男っぽいお姉さん。
そういえばあまりデイブの家族や兄弟の話を聞いたことがないと思い、
先週一緒に仕事をしている時にお姉さんのほかに兄弟はいないのと聞いた。
するとデイブは「あの人はピーター(デイブのパートナー)のお姉さんなの。
でもお姉さんって呼んでるの」と教えてくれた。
そうなのと言ってまた仕事をしていると
少しの沈黙のあとデイブが続けた。
「実は男の兄弟が一人いるの」。
デイブはブラザーとだけ言ったので兄か弟かはわからない。
「17歳の時に家を出てからずっと話していないし、
家族とも連絡を取っていないの」と。
私はあえて理由は尋ねなかった。
語らなくても事情は感じ取れた。

私はデイブが人として大好きだ。
スタッフもお客さんにもデイブは相当人気がある。
みなゲイであるデイブを受け入れている。
デイブもありのままの姿で人と接している。
しかし彼の家族はそんなデイブを受け入れることが
できなかったのだろう。

「11年前にこの町に来て一度も故郷には帰ったことがないけれど
この町に来ていいこともいっぱいあったから
今は良かったと思っている。前を向いて歩いているの」と言った。
11年前といったら私がイギリスに来て新しい生活を
スタートさせたときだと言ったら
「同じ頃に私たちは新しい世界に飛び込んだのね」とデイブが言った。

2年ほど前にデイブのパートナー、ピーターのお母さんが亡くなった。
デイブは人前でお母さんと呼んでいて
お母さんもデイブを息子のように可愛がっていたので
本当の親子だと思っていた人も多かったようだ。
デイブは本当の家族には受け入れてもらえなかったようだが
ピーターの家族とはとてもいい関係のようだ。

スポンサーサイト

実の家族でも分かり合うのは難しいです。
私は自分の身内とは昔からうまく話ができません。
唯一ちょっと話せていた父が死んでからは母とも姉とも上手にコミュニケーションがとれません。
悲しいかな、合う合わないがありますね。
それは性的なことだけの問題ではないです。
なんだか私もデイブと友達のような気がします。

2012.08.22 23:27 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

距離を置くことが難しい家族との関係が
一番大変かもしれませんね。
だからこそ自分を理解してくれる人は必要だと思います。
デイブもいろんな問題を抱え乗り越えてきているのでしょうね。
デイブもTSUさまを大歓迎だと思います。

2012.08.23 21:01 kemmi #- URL[EDIT]

うれしい!!
よろしく言っておいてくださいね(笑)

2012.08.23 23:03 TSU #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する