続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

食べ物 > 茹でとうきび

茹でとうきび

今日近所のスーパーに買い物に行ったら
薄皮がついたままのとうきびが売っていた。
いつもスーパーで見るのはきれいに皮をはがれて
パック詰めになったものばかりなので
きっと味は落ちているだろうと買っていなかった。
もうひとつの理由は夫があまり好きではないので。
でも今日皮がついたままのとうきびを見たら
とても食べたくなって買った。
先ほど茹でて3時のおやつにした。

子供の頃農家だった母の実家で
大きな鍋で取れたてのとうきびをたくさん茹でて
みんなでおやつやお昼にいただいた。
母も家の周りに畑を作っていて
自分が好きなとうきびも植えていた。
おやつに食べ過ぎるとお腹がきつくて
夕食が入らないことも良くあった。

塩たっぷりでゆでたとうきびは懐かしい味がした。
甘い実とゆで汁の塩気が美味しい。
とはいえ子供の頃に食べていた味が一番に思える。

スポンサーサイト
とうきび。

無性に食べたくなる時ってありますね。(^^)
自転車での帰路、街中を通った大通公園で買う
ことがたまにあります。熱々ではないのですが
それでも美味しいです。でも最近のとうきびは
昔食べたそれと違い皮が薄いです。甘みはある
のですが、子供の頃食べたしっかりと厚い実の
とうきびが懐かしいです。(^^;)トマトの
それも似ています。かぶりつく時は歯茎に力を
入れたものですが、その感覚が消えています。

2012.08.21 07:09 北の旅烏 #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

かぶりついて食べるとき最初の一列が大事ですよね。
それからがスムーズにいきます。
大通公園の焼きとうきびはいつも食べたいと思いながら
食べた後の顔や手を考えいると
いつもあきらめていました。

やはり子供の頃に食べた味は忘れられないです。

2012.08.22 05:48 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する