続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

夫の七不思議 > 英語の先生

英語の先生

イギリスに住んで11年。
教科書では習わなかった英語もずいぶん覚えた。
半分は職場で一緒に働くイギリス人から。
もう半分は夫からだった。
私もずぼらになってしまって辞書を開くことも少なくなり
音を耳だけで覚えて使っている言葉も結構ある。

一昨日顔見知りのお客さんと天気の話をしていた。
その日はまだ天気がよかったのだが
その翌日には大雨になると聞いていたので
「明日は大雨になるらしいですよ」と言ったのだが
そのお客さんが店中に響き渡るような大声で笑い出した。
「誰にその言葉おしえてもらったの?」と訊かれたので
夫だというとやっぱりと言われた。

その日家に帰ってから夫にその話をしたら
それは笑われるよと言われた。
私はPissing downという言葉を使ったのだが
辞典でよく調べてみるとPissは小便という意味だった。
これはまずいとわかった。
夫が頻繁に使う言葉だったので油断していた。

私が普段きちんとした英語を話しているので
ごくたまに夫が使っている単語を交えて会話すると
その意外性にびっくりされたり笑われたりする。
英語には日本語のように男性と女性の話し方が違うことは
あまりないのだが
やはり男性のほうがスラングやガラの悪い単語を使うことが多い。
日常会話の英語の先生が夫なので
やはり気をつけなければと思わせられた一コマだった。

スポンサーサイト

おもしろ〜〜〜い!!
私はいつも大好きなモンティパイソンを見ていて「これって英語がわかると相当おもしろいんだろうな」って思っています。
医療に関する皮肉なブラックジョークなんてkemmiさんのブログを見ていたら、それがいかにリアルで辛辣なねたなのかがわかってきましたから。
言葉に関するいろんな話はつきないのでしょうね。
またおもしろネタ、お待ちしておりますね、頭の中でモンティファミリーが若い姿のまま待機しています。

2012.08.16 22:58 TSU #- URL[EDIT]
スラング。

授業では決して習わないスラング(スラッグ?)語。
若い頃、外国映画の字幕放送に出てくる単語を調べて
得意がっていたことがありました。(^^;)
なんだか一丁前のネイティブアメリカ人になったような
気取っていたのかもしれませんが・・・。(^^;)
サイパンのホテルのバーで怪し気なとなりの男性に
一度使ったら、マスターから「あんた殺されるよ」
と言われました。(思い出し汗。^^;)

2012.08.17 06:41 北の旅烏 #- URL[EDIT]
TSUさま

知ったかぶりはいけませんね。
よく意味を調べたら恥ずかしくなりました。
夫も知らずに日本語は女言葉を使っています。
「何よ」なんて。

2012.08.17 06:56 kemmi #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

それは冷や汗でしたね。
私も顔見知りの良く話をするお客さんだったのでよかったですが。
やはり母国語でないので気をつけなければと思いました。

2012.08.17 06:58 kemmi #- URL[EDIT]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.10.20 14:20 # [EDIT]
cherryさま

はじめまして。
オーストラリアは初めていった海外です。
1年暮らしました。懐かしい。
リンクはかまいませんよ。
今度ゆっくりお邪魔させていただきます。

2012.10.21 03:44 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する