続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

未分類 > 火を噴いたドライヤー

火を噴いたドライヤー

入浴後髪を乾かそうとドライヤーのスイッチを入れたが
うんともすんとも言わない。
あれ、おかしいなと言っていたら夫がやってきた。
夫が手にとってスイッチを入れたり切ったりしていたら
突然火を噴いた。
ご臨終。

火を噴いたせいかブレーカーの一つが落ちて
それはパソコンのWifiルーターで
ネットワークが繋がらなくなってしまった。
スイッチを入れなおしたら元に戻った。

ドライヤーの最後は火を噴くのだ。
夫が一番怖かったみたい。

スポンサーサイト

火傷をせずに済んでよかったですね・・・。
もしこれが頭皮に当てた瞬間に火を吹いたらたまったものでは
ありませんから。(^^;)昔の?電化製品は使用年数を過ぎ
ても健気に動いていました。今は某国のものが増えた性か対応
年数を図ったようにきっちり壊れてくれます?!な〜んてね。

2017.03.02 08:32 北の旅烏 #- URL[EDIT]

び、びっくりしましたね~~~!!!

でもやけどや 火事にならなくって
よかったです。
我が家では 事務所と自宅の炊飯器が
請われちゃいました・・・。
保温の機能は 使えるので
母が ニンニク入れて、
黒ニンニク作っています。
すごい においが~~~~!

2017.03.02 10:03 しろうさ #eqP7eH0Y URL[EDIT]
北の旅烏さま

火傷したかもしれないですね。
大事に至らなくてよかったです。
イギリス製品は火を噴いたりショートしたりして
終わるようです。

2017.03.03 05:09 kemmi #- URL[EDIT]
しろうささま

びっくりしました。
よくよく考えたら大事にならなくて良かったです。

黒ニンニクの臭いってすごそうですね。

2017.03.03 05:12 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する