続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > セルフ・チェックアウト(レジ)

セルフ・チェックアウト(レジ)

もともとセルフ・チェックアウト(レジ)はあったのだが
手かごを乗せる台がある少数購入用だ。
最近普通のチェックアウトと同じ規模でのセルフ・チェックアウトが
店内に4台設置された。
沢山の買い物があっても自分で清算できるものだ。

ある日私のチェックアウトにいらした年配の女性が
「セルフ・チェックアウトを使うように勧められたけど
あんなの絶対使わないわ。
挨拶もできない機械なんて真っ平だわ」とおっしゃった。

私の勤めるスーパーの客層は年配の方もかなり多い。
話し好きのイギリス人。
特にお年寄りで一人またはご夫婦だけで暮してる方々は
顔見知りのスタッフとの世間話を楽しみにしている。
また我がスーパーでは必ず袋詰めを手伝いましょうかと客に尋ねる。
世間話もできて袋詰めも手伝ってくれるので
それを期待しているお年よりも多い。

新しいセルフ・チェックアウトを利用している人を見ると
若い方、男性などでお年寄りの姿はほとんど見ることがない。

日本だったらけっこう稼動するのではと思う。

スポンサーサイト

こんにちは、ご無沙汰しております。

お盆真っ最中の札幌です。8月になってから晴天で
とても蒸し暑い日々が続いていますよ。

札幌の大手スーパーはセルフレジの台数が多くなり
ました。仕事帰りの若手や中年サラリーマンや、
やや年配までの女性達、お子さん連れのママさん
等、幅広い層の買い物客が何気なく利用しています。
日本のスーパーのレジ係の人々はマニュアル通りの
接客話法しかしませんから、イギリスのような楽し
いコミュニケーションは殆ど望めません。
買い物客も少しでも早く清算を済ませたい、と言う
気持ちの方が強いです。だから日本ではセルフレジ
が合っているのでしょう。
日本人はコミュニケーションが下手ですから・・・


2016.08.15 17:42 kusu #- URL[EDIT]
kusuさま

こちらこそご無沙汰しています。

イギリス人は話好きです。
レジや売り場で顔なじみのスタッフと話すのを楽しみにしている人が多いです。
やはり田舎だというのもあるでしょうね。
これに慣れてしまうと日本に帰って買い物するとき
なんとなく物足りなさを感じてしまいます。

2016.08.16 07:15 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する