続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

哀悼 > 元お医者さま

元お医者さま

お客様の中にお医者さんを引退された70代の老紳士がいた。
昨日その方の奥様が私のレジにいらした。
ご主人はお元気ですかと声をかけようかと思ったのだが
なぜか止めてしまった。
お支払いのときに奥様があなたは主人と良くお話していたわねと
おっしゃったので実はご主人のことを尋ねようと思っていたと言うと
主人は亡くなったのと言われた。
いつですかと尋ねると去年の11月だったそうだ。
驚いて言葉を失ってしまった。
またねとおっしゃった奥様の横顔は涙をこらえているのがわかった。

ご主人とお話しするようになったのは数年前に遡る。
喘息だったのかいつも吸入薬を使われていて
奥様が買い物をされている間は店内のベンチで休まれていた。
職業柄沢山の元患者さんやそのご家族がこの老紳士に声をかける。
その度ににこやかに対応されていた。

私が奥様にお目にかかるずっと前に老紳士が
奥様との馴れ初めを教えてくださった。
初めて出会ったとき奥様の美しさに一目惚れをされた。
しかし奥様にはもうすでに婚約者がいた。
それでも彼は諦められなくて10回以上もプロポーズをした。
その熱意にほだされたのか彼の奥さんになってくれたそうだ。
妻はもう70歳を超えているけれどまだまだ綺麗で
僕はとっても幸せ者だとのろけられていた。
奥様は今でも綺麗だと言うのはあばたもえくぼと思いながら
微笑ましいお話だと思っていた。
ある日初めて奥様を見たら背筋が真っ直ぐで
本当に綺麗な方だった。
70代を超えていても私が綺麗だと思うのだから
お若かった頃はとてもお綺麗だっただろう。
そして最愛の奥様に見守られてお亡くなりになったのだ。

私のレジにはもう次にお客様がいらした。
しかし老紳士との思い出や奥様とのお話、
そんなことを思い出していると涙が出てきた。
何とか仕事は続けたがきっと事情を知らない次のお客さんは
変に思われただろう。

スポンサーサイト

いいなあ。
私は近頃どんな強い言葉よりも、
だれかとだれかの愛の物語が、平和への架け橋になるような気がしています。
それが人でも猫でもね♡

2016.07.10 00:07 TSU #- URL[EDIT]
優しい心が伝わってきます

はじめまして。時々読ませていただいてます。

若い頃には、老夫婦がどちらかに先立たれるのは当たり前でしょなんて思ったかもしれない。でも自分が初老に近い年齢になってみると、人の心の脆さは幼な子のままってことが、悲しいくらいわかってくるんですよね。

イギリスのなんでもない日常、そこで出会う一人一人との丁寧な関わりを綴るkemmiさんのブログ、応援しています。

2016.07.10 02:37 シカ #- URL[EDIT]
TSUさま

素敵なご夫婦でした。
突然のことで奥様にかける言葉も見つからず。
心安らかに逝かれたことを祈るばかりです。
もしかしたら奥様と一緒に買い物にいらしていたかもしれない。

2016.07.10 06:40 kemmi #- URL[EDIT]
シカさま

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
私も時々お邪魔させていただいてます。

仰るとおりですね。
家族や親しい人の死を経験しても
悲しみは癒えることが無いですね。

素敵なお言葉ありがとうございます。
励みになります。

2016.07.10 07:17 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する