続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

両親 > 冗談

冗談

IMGP6316.jpg

父が亡くなってそろそろ半年となる。
去年の9月に父が危ないと連絡を受けて急遽日本へ行った。
幸い父は持ち直してくれた。
少しずつ良くなってくれた。
私の声かけにも答えてくれてくれるようになった。
とはいえ「大丈夫?」と声をかけると「大丈夫」とおうむ返しなのは
それまでと同じだった。
ある日父を見舞うと顔が赤く見えたので額や頬を触ってみると
熱があるようだった。
看護師さんに診てもらうとやはり熱があった。
自分で訴えることができない父なのでそれから見舞うたびに
父の額からはげた頭にかけてなでて熱が無いか確認していた。
いつものように父の頭をなでているとそれまで単語でしか
応対をしなかった父が突然
「髪が生える」と言った。
一瞬何のことだかわからなかったのだが
私が父の頭をなでるので髪が生えてくるかもしれないと言う
父の冗談だとわかった。
わかった瞬間私は病室に響き渡るような大きな声で笑ってしまった。
そして父が元気なときでも冗談を言うのは珍しかったので
冗談を言えるほど回復したのだと嬉しくなった。
それは父が最後に聞かせてくれた冗談になってしまったが
今思い出してもふっと笑みがこぼれる父との貴重な思い出となった。

スポンサーサイト

いいお話。
素敵なお父様ですね。
亡くなった後、思い出すのがこういうエピソードっていいですね。

2016.06.23 12:33 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

もともと口が重い父だったのですが
この冗談はここ数年でナンバー1です。
笑わせてもらいました。

2016.06.24 05:05 kemmi #- URL[EDIT]

ほんわかと 暖かいお話です。
いいなあ、お父さま!
一生物の お宝冗談ですね!

2016.06.24 09:46 しろうさ #/02qLiNA URL[EDIT]
しろうささま

そうですね。
いい思い出を残してもらいました。

2016.06.24 22:02 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する