続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

好きなもの > 四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

日本に帰るたびに安くなった古本を買ってくる。
今回買ってきた「四十九日のレシピ」は久々に泣かされる本だった。

死別した男性の後妻になった女性が亡くなった。
男性には娘がおりこの女性はこの子の継母となったのだ。
継母が亡くなって2週間後にこの娘は
夫と離婚するつもりで父の元へ戻ってきた。
同じ日に亡くなった継母の教え子だという
奇抜な格好をした若い女の子も父を訪ねてきて
家の片付けや料理作りを始めた。
若い女の子は継母からもし自分に何かあったら
夫を助けて欲しいと頼まれていた。
女の子は継母が手作りした四十九日までのレシピを持っていた。
それは夫と血を分けない娘が自立できるようにと
作られたレシピだった。

ストーリは四十九日を迎えるその日までなのだが
あっという間に読んでしまった。
最後のほうは涙が止まらなかった。

あとで調べると映画化されているのもわかった。
機会があれば映画も観てみたいと思った。

スポンサーサイト

たしかドラマ化もされていましたよ。ネットで途中まで見たのですが、動画が削除されてしまいエンディングを知らないままです(笑)。

2016.06.07 04:42 おゆり #mQop/nM. URL[EDIT]
おゆりさま

NHKでドラマ化されていたようですね。
最後まで見れなかったのは消化不良ですね。

2016.06.07 18:26 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する