続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

哀悼 > デイブ・ベイリー

デイブ・ベイリー

WP_20150903_13_10_29_Pro.jpg

昨晩週刊で出ている釣りの新聞を読んでいた夫が
Oh,dearとつぶやいて読んでいた新聞を私に見せた。
それはデイブ・ベリーが先週の金曜日に亡くなったという記事だった。

デイブは夫がここ5年ほどずっと通っていた釣堀のオーナーだった。
夫は膝を怪我してから働けなくなって家にいたが
趣味だった釣りのおかげで家に引き篭る事は無かった。
デイブとも気が合ったようで良くしてくれた。
夫いわく自分は他の釣り客と扱いが違うなと感じていたそうだ。

運転ができない夫の釣りに行くチャンスは私の休みの日で
天気が良くなければならなかった。
天気の悪いイギリスなのでいい日はなかなかやってこない。
最後に釣りに行ったのが8月で9月はタイミングがあわないまま
私が日本へ帰らなければならなくなった。
私がいなかった時期がとても天気が良くて釣り日和だった。

日本から帰ってきても家の模様替えで天気が良くても家を空けられなかった。
模様替えが終わったら悪い天気が続いて釣りに行けずにいた。
それでも夫の話題は釣りのことで
デイブが自分が来ないことを心配しているだろうなと話していたばかりだった。

あまりにも突然の悲報だった。
いつも夫を釣りに連れて行くとデイブは笑顔で迎えてくれた。
70歳を超えているとはいえ元気そうに見えた。
会えなかった3ヶ月間に何があったのかはわからないが
とても寂しい。
夫が一番寂しい思いをしているだろう。
私たちはただただ彼のご冥福を祈るばかり。

スポンサーサイト
釣り堀。

訃報が届いたのですね・・・愛着のある釣り堀。
きっとどなたかが再開されると思いたいですね。
仲良しだった方との別れは辛いものです。秋が
深まっているだけに残念としか言いようがあり
ません。

2015.11.20 11:10 北の旅烏 #- URL[EDIT]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.11.20 11:12 # [EDIT]
北の旅烏さま

本当に残念です。
夫はいつも釣りを始める前にデイブとよく話をしていました。
とっても寂しくなると思います。

2015.11.21 07:00 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する