続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > グラジオラスの花束

グラジオラスの花束

WP_20150808_14_08_56_Pro.jpg

6月に会社の体制が変わってから他部署の仕事も掛け持ちしなければならず
私がお花屋さんで働ける時間がどんどん削られている。
お花屋さんにいつ来ても誰もいないので私が辞めたのかと思ったと
おっしゃるお客さんも多い。
7月に入ってからは更にレジに借り出される時間が増え
サムも私も展示用の花束を作る時間も取れなくなってしまった。
これではいけないと他の仕事が遅れても展示用の花束をと
先週から何とか時間を作ってブーケを作るようにしている。
ありがたいことにお客さんが目を留めて買ってくださる。
私にとってこの展示用の花束はちゃんと花束を作れるスタッフが
ここにいますよというお客さんへのアピールと力量を知ってもらうもの。

今週はガーベラが同じ値段で2倍の本数なので
色様々なガーベラが入荷。
この花束の前に作ったのは赤で花びらの先端が黄色と燃えるようなガーベラを使った。
展示して30分ほどで売れてしまって次に作ったのがこの写真のブーケ。
この花束もベビーピンクで花びらの先端が白のとてもきれいなガーベラを使った。

さて本題のグラジオラスの花束。
お店では3本のグラジオラスの花束が売られている。
昨日のお客さんはこれをラッピングして欲しいとおっしゃった。
さて困った。
ねぎを新聞紙で巻くようなラッピングはできないし。
お客さんがおっしゃるにはオーストラリアからお客様が来るので
その方に渡したい。
オーストラリアの色は黄色と緑ですよねと更に付け加えられた。
幸い黄色と黄緑のラッピングペーパーはあったので
あとはラッピングの仕方だ。
困った顔は見せられないのであれこれと頭の中で考えながら
長めの黄緑と短めの黄色のラッピングペーパーを作って
外側に短めのペーパーがくるようにして2色の色が見えるようにした。
それしか考え付かなかった。
リボンを付けて何とかそれらしい形になった。
気に入ってもらえるか自信がなかったが
お客様は気に入ってくれたのでほっとした。
今までで一番難しいラッピングだった。

スポンサーサイト
やー、可愛い

ピンクの可愛らしい素敵なブーケですね。
こんな優しい色の可愛いブーケがあれば、
1日にっこりして過ごせそうです。

2015.08.10 01:25 Salie #- URL[EDIT]
Salieさま

このピンクがとても可愛くて
自分にもこのガーベラを買ってきました。
お花が部屋にあると気持ちがいいですよね。

2015.08.10 03:51 kemmi #- URL[EDIT]

その、グラジオラスのブーケも見たかった~~!

2015.08.12 14:00 tuguki #- URL[EDIT]
tugukiさま

お見せするようなものではないのですよ。
ねぎをラッピングするようなもので
お客さんが気に入らなかったらどうしようと
ビクビクしながらラッピングしました。

2015.08.13 03:58 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する