続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > ピンクの花束

ピンクの花束

お花屋さんはクリスマスに向けて大忙し。
2,3日前にデイブと仕事をしていたら中年のご婦人と
その娘さんらしい女性が足を止めた。
ご婦人は私をずっと探していたと興奮された感じで話し始めた。
私が作ったピンクの花だけで作ったブーケのお礼を言いたかったとおっしゃる。
それはこの方のお母さまの誕生日の贈り物だった。
「母は目が見えないのだけどピンクの色が見えると
あの花束をとっても喜んでくれたの」と。

いつだったろうと記憶をたどる。
そうだこのお客様と一緒に花を選び
白い花びらの縁がピンクのアルストロメリアを入れたら
とても優しい感じのブーケになってとても気に入っていただけたのを思い出した。

ありがとうございますとお礼を言い。
お客様を見送った後からじわじわと心が温まる。
目の見えないお母さまが見えたとおっしゃったと言うのが
心に沁みてきた。

スポンサーサイト
うれしいひと言。

お客様の身になって考え抜いたブーケ・・・。
作り手の心がもらったお客様に通じた瞬間が見えるようです。(^^)
テレビで放映されている『和風総本家』という番組がありますが
日本人ならではの繊細な道具作りに惚れ込んだ外国の職人が
ビデオレターで感謝の意を伝えるという番組で、
これを見た日本の職人さんが涙を浮かべて感激する場面に
思わず私ももらい泣きしてしまいます。
喜ばれる職業ってみな同じですね・・・。(^^)

2014.12.22 08:30 北の旅烏 #- URL[EDIT]
職人!!

kemmiさま

お花に心を添えて送りたい人の気持ちを
形にして下さるkemmiさん!!

まさしく職人技では ないでしょうか!!
花束を手にしたお母さまの笑顔が
目に浮かぶようです!!

2014.12.22 10:12 しろうさ #WGv/JGO2 URL[EDIT]

kemmiさま
すごい!
お客様の言葉に後からじわじわと温まるkemmiさんの心......。
涙があふれそうになりますね。
いろんなことに感謝したくなる........。

2014.12.22 14:25 TSU #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

最初にいらした時はお母さまの事は話されなかったので
詳しい事は知らなかったのです。
だから余計あとからじわじわきました。

2014.12.23 05:01 kemmi #- URL[EDIT]
しろうささま

職人と言う言葉は大好きです。
喜んでいただけたのが嬉しいですね。
一番のご褒美です。

2014.12.23 05:03 kemmi #- URL[EDIT]
TSUさま

お母さまの目のことは知らなかったのでびっくりし
その後からじわじわきました。
娘さんの気持ちがちゃんと伝わったんですね。
ちょっとつらい事があったので沁みました。

2014.12.23 05:07 kemmi #- URL[EDIT]
メリクリ~♪

kemmiさま

クリスマスですね!
ご主人と美味しいもの食べて 風邪なんか
引かないように 元気で 良い年をお迎え下さい。

今年も1年 お世話になりました!
来年も 楽しみにお邪魔します~!
ありがとう~♪

2014.12.25 13:58 しろうさ #WGv/JGO2 URL[EDIT]
しろうささま

メリークリスマス。
こちらは日本の元旦のように静かでどこもお休みです。
今年もチキンを焼きました。

しろうささまも健康に気をつけてください。
お世話になりました。
こちらこそありがとうございます。

2014.12.26 04:22 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する