続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > スーという人

スーという人

IMGP5188.jpg

スーとの付き合いは同じスーパーに勤めてもう9年になる。
私より3つ年上でシングルマザーでずっと働きながら
1人息子を育てた。

この春に部屋を片付けていたら自転車タイヤの空気入れと
自転車のチューブが出てきた。
私はもう自転車に乗る事はないので自転車通勤をしている
スーにあげようと会社に持っていった。
もう使わないからあげるというとスーはいくら払えばいいと訊く。
私はお金は要らないというとそういうわけにはいかなと言う。
言い出したらひかない人なので1ポンドならと言うと
わかったと言って2ポンドくれた。
1ポンドでいいんだからと言っても頑として受け付けない。
すぐに根負けしてしまう私は2ポンド受け取った。
捨てるより使える人にあげようと思ったのにかえって散財をさせてしまった。

数週間前にカフェで働くジューリーが私の作ったイヤリングをサイトで見て
欲しいといってくれた。
代金はサイトに載せた金額13ポンドを払ってくれた。
そのやり取りを見ていたスーが自分も私の作ったイヤリングが欲しいと言ってくれた。
早速私の作ったものの写真を見せると青いビーズを使ったものを選んだ。
それはもう売れてしまったものなので同じものを作って今週渡した。
スーには10ポンドで買ってもらおうと思っていた。
10ポンドと言うといや13ポンドと言うスー。
ジューリーの値段と同じだけ払うつもりだったのだろう。
もう一度10ポンドと言っても13ポンドを私に握らせた。
それ以上は何も言わずありがたく代金をいただいた。

スーという人は甘えたり人をあてにしたりする人ではない。
そういう風に自分に厳しく息子を育てながら生きてきた人なのだなと思う。

スポンサーサイト

スーさんの 心意気に賛同!!
お金のことで 甘えない人生、
見習わせて戴きます!!

よろしくお伝えくださいね!

2014.11.05 11:29 しろうさ #WGv/JGO2 URL[EDIT]

スーさんの気持ち、わかります。
わかるんだけど、でも...。
もうちょっと、肩の力を抜いて人の好意を受け入れたら、また違った喜びもあるんじゃないかと思っちゃう。

2014.11.05 15:02 tuguki #- URL[EDIT]
しろうささま

スーはお金だけでなくいろんな事に甘えないで
生きてきた人だなと思います。
しろうささんからのエール届けます。

2014.11.06 02:24 kemmi #- URL[EDIT]
tugukiさま

肩の力を抜けたらまた違うのかもしれませんが
今までそうやってきたから難しいかな。
だけど気持ちは伝わっていると思います。

2014.11.06 02:33 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する