続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

里帰り > 里帰り2014-4

里帰り2014-4

イギリスはいまだに夏らしい。
あとどのくらい続くのだろうか。

日本から戻ってきて1ヶ月となってしまった。
薄れつつある記憶を呼び戻して。

今年の6月の北海道は記録に残るほどの長雨が続いた。
私がいた間2週間連続雨。
イギリスの天候のようでさすがに嫌気がさしてしまった。
ようやく雨が終わる頃恒例で大学時代の友達と4人で集まった。
私ともう1人の友達は早い時間から行けたので
これも恒例大通公園でまず一杯。

IMGP5017 - Copy

エビスの見たことが無い缶があったので。
乾杯!

毎年タイレストランへ行くのだが今年はお休みとぶつかってしまって
札幌駅周辺にお店を変えた。
久しぶりに来る札幌駅周辺はどんどん変わっていて驚かされた。
この日も話しに花が咲きお酒も進んで
楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

この日は私が滞在中一番暑い日で29度くらいあったと思う。
以前北の旅烏さんが紹介していた北広島農産物直売所へ行った。

IMGP5029 - Copy

ここで母と選んだ桃がとても美味しかった。
皮がつるっとむけて果肉がとても甘くみずみずしい。
何年ぶりだろうこんな美味しい桃を食べたのは。
数日前に母がデイケアーに時々やってくる移動のお店で
さくらんぼを買ってきた。
このさくらんぼもとても美味しく母と今年は果物が美味しいねと
その美味しさを味わった。

母のデイケアーなどの予定のない日は妹のお墓参り行った。
また今年初めに亡くなった伯母の家族を訪ねた。
伯父さんがとても喜んでくれ、隣に住んでいる私と同い年の従姉妹も
顔を出してくれた。
伯父さんは寡黙なイメージがあったのだがとてもよく話してくれた。
伯父さんの家を出てから母と伯父さんってあんなにしゃべる人だったかなと話していたが
亡くなった伯母が良くしゃべる人だったのでしゃべる必要が無かったのかもしれない。

帰国が迫った頃他の叔父叔母を訪ねた。
私が小さい頃から可愛がってもらって一人でお泊りもしたそうだ。
私は微かな記憶しかないのだが50歳を過ぎてもなお可愛がってくださる。
叔父さん叔母さんには3人の息子さんがいるのだが女の子には恵まれなかった。
お昼にお寿司をご馳走になり、叔母さんがこれ叔父さんからと
お小遣いまで渡されてしまった。
こんなにしてもらったらどうしたらいいかわからないと言うと
だって可愛いんだものと言われてそれ以上言葉が出なかった。
叔父さん叔母さんの気持ちに思わず胸が熱くなった。

母が夏用の帽子を欲しがっていたがなかなかいいものが見つからなかった。
そこで私の帽子があるのを思い出した。
母に見せると一目で気に入ってしまったので私からのお下がり。
私が作った他のブローチを付けて。

IMGP5036 - Copy

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。
母と私はお互いに私の帰る日については話題にしなかった。
年々両親を置いてイギリスに戻るのが辛くなってくる。
お互い涙を見せずに別れるのだが
これがなかなか辛くなってきた。
これも仕方ないのだ。
また来年元気で会えることを祈るのみ。

スポンサーサイト

北広島農産物直売所...駅前から場所を変え、自転車で出かけた時に
立ち寄るには少し不便になりましたが、ここのトマトやインゲンは
大好きです。(^^)自転車なのでカゴに入れる量が限られますが。
そうそう、授産施設で販売されているパンも美味しく、行くと必ず
買っています。(今年はまだ2回だけですが...^^;)
木漏れ日があふれる樹林回廊を(上野幌〜北広島間)また走りたく
なっています。お母さまに差し上げた夏用のお帽子とても似合って
ステキです。kemmiさんお手製のブローチも、よりいっそう輝いて
いますね・・・。(^^)

2014.07.28 07:55 北の旅烏 #- URL[EDIT]

わたしも、帰省の際には必ず会いに行く、血のつながりは全くないのに50年近くも ‟おばあちゃん” と呼ばせてもらっている知人がいて、毎回、お小遣い貰っちゃうんですよ~~!
‟ねぇ~~、もう、立場はぎゃくなのよ~~!” って言っても ‟だって、おばあちゃん、tuguちゃんにあげたいんだもん...。” って...。
なので、涙交じりに押し頂いてます。

2014.07.28 14:33 tuguki #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

北広島農産物直売所は場所を買える前から行きたかったのですが
今年やっと行けました。
母はこういう所が好きなので目が輝いていました。
また北広島まで遊びに来てください。

2014.07.29 03:20 kemmi #- URL[EDIT]
tugukiさま

この年になってもまだ可愛がってもらえるってありがたいですね。

2014.07.29 03:22 kemmi #- URL[EDIT]

実家に帰るのは、楽しみでもあるのだけれど、ほんとに年々、別れ際がつらくなりますね。
しかたのないことなのだけど、親がどんどん小さくなって............。
親にしかられて、親がうるさくて、頭にきてた頃がなつかしいです。

2014.07.29 18:00 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

本当に辛くなりますよね。
自分も年を取っているのだから仕方ないことなのでしょうが
親が老いていくのを見るのは辛いですね。

2014.07.30 03:44 kemmi #- URL[EDIT]
わかります

年々親との別れがつらくなるのって、私もそうでした。
kemmiさんはイギリスだから、なおさらですよね。
でも遠くてもわざわざ帰省することが、最大の親孝行になってると思うし、お母様もよく分かっていらっしゃると思いますよ。

2014.08.03 23:23 あっけまま #- URL[EDIT]
あっけままさま

皆さんそうなんでしょうね。
母とは思っていても口に出せないことが多々あります。
仕方ないんですよね。

2014.08.04 03:29 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する