続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

夫の七不思議 > お墓参り

お墓参り

IMGP5040.jpg

イギリスに戻ってから最初のお休みの日に義母のお墓参りに行ってきた。
その日は四十九日にあたる日だった。
イギリスには四十九日などないので全く関係ないのだが。

夫は私が日本にいる間から墓参りの話をしていた。
行きたかったら弟さんと行ったらと言うと私の帰りを待つと言っていた。

休み前日に義母に飾る花を買って戻り
お母さんの花買ってきたよというとこれから墓参りに行くのと聞く夫。
今日はもう疲れているので明日と言った。
翌朝夫に今日お墓参りに行くんだよねと聞くと
If you wantと言う。
いつも返ってくる返事なのだ。
私が行きたいんじゃなくて、あんたでしょという言葉を飲み込む。
夫は自分が行きたい時に良くこの言葉を使う。
照れなのだろうか?

あいにくこの日は出かける前から霧雨が降りだした。
義母のお墓は駐車場からちょっと歩く。
お葬式以来だった。
お墓に着くと他の姉弟も来ていたようで花が飾られていた。
私たちの持って行った花を飾って参る。
と言っても手を合わせるわけでもない。
少しゆっくりしていくのかと思ったら2,3分も経たないうちに
帰ろうかという夫。
えっ?もういいの?

時々不思議に思える夫の行動。
またお花を持って訪ねよう。
きっとまた夫は君が行きたいならというだろうが。

スポンサーサイト
お帰りなさい。(^^)

お母さまと作られたクレイフラワー、とても素敵ですね。
好奇心を失わず興味を抱き行動に移す...私も見習わねば
です。北国は今日から3日間、30度の猛暑日近くまで
気温が上がるようです。自転車逃避行もいよいよ本番を
迎えています。向い風嫌い?は相変わらずですが、まだ
見ぬ風景に出逢う旅を目指そうと思っています。(^^)

2014.07.07 09:38 北の旅烏 #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

暑くなりそうですね。
クレイフラワーは楽しかったです。
私も幾つになっても好奇心を持っていたいですね。

今年はやっと北の旅烏さんに教えていただいた
北広島物産販売所(?)に母と行ってきました。
そこで買った水密が甘くてみずみずしくて
ここ何年も食べたことがないほどの美味しさでした。

2014.07.08 00:41 kemmi #- URL[EDIT]

夫の父親はもういないんですが、なんとお墓がないんですよ。びっくり。そういえば、こちらのお墓はだいたい個人のお墓で家代々というのはないですね?子孫が家の墓を代々守っていくというのがないんでしょうね。うちの夫は死んだら灰はカーボンに過ぎないとか言いながら、愛犬の遺灰は机の奥にまだもっています。死に対する概念は文化個人によって違いますね。

2014.07.08 15:12 ぽん #.I57DTE6 URL[EDIT]

kemmiさん、おかえりなさい!!
(機内の恵比寿ビールはそりゃあ嬉しいですよね!!!)

お母様、さすが、kemmiさんのお母様ですね、手先が器用なのは遺伝でしょうね。素敵な時間が過ごせてよかった.....。
長く離れていても、会うと時間も距離も超えてしまいます、私のフランクフルトに住んでいる友人の1年に1度の里帰りももうすぐです。きっと昨日会ったばかりのような不思議な感じがするのだと思います。

そして、ご主人の「If you want」.....、なんかわかるような気がします。
私は、ご主人のちょっと不思議なその照れ方、とっても好きです。何度でもつきあってあげてくださいね、「kemmiさんがそうしたいなら」。

いっぺんにまとめたコメント、盛りだくさんで失礼しました。

2014.07.08 19:19 TSU #- URL[EDIT]
ぽんさま

やはり文化習慣が違うとこういう時に戸惑いますね。
どの家庭でも先祖代々のお墓があるわけではないのですね。

2014.07.09 04:21 kemmi #- URL[EDIT]
TSUさま

恵比寿は美味しいですね!
クレイフラワーは楽しかったです。
母の楽しそうな顔を見れて私も嬉しかった。

お友達と会える日が楽しみですね。

夫の不思議なところはこれからもつきあってあげましょうかね。

2014.07.09 04:25 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する