続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

哀悼 > 旅立ち

旅立ち

夫の母に励ましのコメントをありがとうございました。
残念ながら義母は昨日帰らぬ人となりました。

色々と手は尽くしてくれたようなのですが回復は見込めず
酸素吸入で何とか呼吸を保っていたのですが
昨日朝9時に家族の許可を得て吸入器が止められました。
義母はそのほぼ4時間後に息をひきとりました。

夫はその前日に義母が危険な状態だと連絡を受け
病室の入り口から義母を見ただけで足が凍りつき
そのまま待合場所に行ってしまいました。
義姉が夫に付き添ってくれて私が夫の元に行くと
夫は泣き崩れていました。
とても死に逝く義母を直視できない。
病室の前に壁が立ちはだかっているようで
一歩も前に進めなかったと言っていました。
結局その日夫は義母の顔を見ずに帰ってきました。

義母は自由気ままに生きてきた人で
優先順位はいつも自分が一番。
夫は私が想像もつかないような辛い経験をしてきています。
義母の性格は変わらず相変わらず自分が一番。
電話は欠かさずしていた夫ですが
辛いときなどちょっと義母の優しい言葉を期待していても
いつものように裏切られていました。
もう電話なんかしないと言いながらその繰り返し。
私から見ると本当にお母さんが好きで
たった一言優しい言葉をかけてくれるのを期待しているのだと思いました。

泣き崩れている夫を見てどんな母でも夫にとってはかけがいのない存在。
途方に暮れている夫の姿はかわいそうで仕方ありませんでした。

昨日、朝付き添っていた弟さんから電話が入り
酸素吸入器を止めることになるので病院に来て欲しいと言われました。
夫はもう覚悟を決めていたようで義母に最後のお別れをしてきました。
しかし自分には義母を看取れないと姉弟たちに詫びを入れて
すぐに病院を去りました。
それから4時間後お姉さんから義母が亡くなったと連絡が来ました。
長い4時間でした。

夫はもう義母に電話できなくなったなとつぶやいていました。

義母の遺体は自宅に戻ることなく葬儀屋さんに安置されています。
処置が施されるまでは家族には会えないそうです。
たぶん夫はもう義母の顔は見ないと思います。
お葬式までにしなければいけない手続きがあるのですが
土曜日、日曜日にぶつかってしまったので
来週にならないと何もできません。
今は自宅でゆっくりしながらお線香をあげています。
お線香はイギリスの風習ではないのですが・・・

夫はなぜかわからないけれど家族が亡くなった家は
カーテンを閉めるのだと言って昨日からカーテンを閉めています。
まだお葬式の日程は決まっていないのですが
なんとか私の里帰り前になればいいと夫と話しています。

残念な結果になりましたが色々な病気を抱えていた義母が
もう痛みのない世界へ旅立ったのだ。
懐かしい家族と再会しているのだと夫と思っています。
ご心配をお掛けしました。

スポンサーサイト

心からお悔やみ申し上げます。

本当に残念ですね、人間の儚さを感じます。

ご主人様の辛く悲しいお気持ちが良く分かります。
お義母様の最期の状況が、私の父と余りにも似て
いたので、私も父の時の事を思い出しました。
肉親の死は本当に受け入れ難いものです。

どうかお義母様の魂が安らかでありますように。

2014.05.17 23:14 kusu #- URL[EDIT]

人はいつかは旅立つと 分かっていても
見送るのは 悲しくつらいことですね

心から お悔み申し上げます

お義母様 周りの皆様 お疲れ様でした

ご主人様を 支えて差し上げてくださいね

kemmiさまも お疲れがでませんように

2014.05.18 11:34 かっち #- URL[EDIT]

ほんと...。
肉親との別れは理屈抜きにつらいもの...。
ご主人様、大丈夫ですか?
支えて上げるKenniさんも、どうぞご無理をなさらないように...。

お義母様のご冥福。
ささやかながら祈らせていただきます。

2014.05.18 13:32 tuguki #- URL[EDIT]
ありがとうございます

kusuさま、かっちさま、tugukiさま。
温かいお言葉ありがとうございます。

2014.05.19 03:26 kemmi #- URL[EDIT]

ご主人の悲しみを思うと、言葉がありません。
心よりお悔やみ申し上げます。
最愛のお母さま、天国で安らかにお休みください。

そして、なによりkemmiさん 無理なさらないように
ご主人とお過ごしくださいね。
いつも とっても優しい働き者のkemmiさんだから、
一緒にいてくれるだけで、ご主人も嬉しいと思います。
悲しみを乗り越えるのは 時間しか無いのだと
この歳でやっとわかりました。
私は 主人の母が無くなったときには
がんばりすぎて 1か月で体重が15kg減り
入院手前でした。わかってなかったんですね。
kemmiさん,どうぞ、無理なさらないよう!

2014.05.19 08:13 しろうさ #WGv/JGO2 URL[EDIT]

自分が知っている人の死、特に身内の死は
本当に辛いものです。
私も身近な人が亡くなったとき、
本当に辛く悲しい想いをしました。
kemmiさん、今本当に辛いときだと思いますが
どうぞご無理だけはなさらないで下さいね。
そっとご主人のそばにいてあげて下さい。
ご主人も、kemmiさんもお互いに心強いと思います。
お義母さまのご冥福、心よりお祈り申し上げます。

2014.05.19 18:38 ENEMI #- URL[EDIT]

人は亡くなるとみんな仏様になるっていいますよね。
ダーリンの心もきっと日を追うごとに穏やか穏やかに落ち着いて行くのだと思います。

お二人ともお体くれぐれも大切になさってくださいね。

心からお悔やみ申し上げます。

2014.05.19 19:49 TSU #- URL[EDIT]

なんとコメントしていいやら言葉が見つかりません。
心よりお悔やみ申し上げます。
時間とともに佳き日の想い出に包まれますように・・・。

2014.05.20 07:21 北の旅烏 #- URL[EDIT]
ありがとうございます

しろうささま、ENEMIさま、TSUさま、北の旅烏さま。
ご心配、温かいお言葉ありがとうございます。
夫も私も元気です。

2014.05.21 00:07 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する