続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > テーブルセンター

テーブルセンター

花屋のサービスで結婚式用のブーケやアレンジメント、
お葬式用のアレンジメントの注文を受けるものがある。
アレンジメントは本社で作られ各支店に配達されるもので
最低5日前に予約を受けなければならない。

今日お葬式用のテーブルセンターのオーダーを受けていた。
通常アレンジメントは受取日の前日に届く。
しかし昨日は届かなかった。
オーダーを受けたデイブが本社に確認の電話を入れると
当日(今日)の朝に必ず届くと言われた。
何度かそう言われて指定された日に届かないことがあり、
完全に信用はできなかった。

今日デイブはお休み。
早番で出勤した私はまず最初にアレンジメントが届いているか探したが
どこにも届いていない。
配達品リストにも載っていない。
私は朝5時半から仕事をしているので本社に連絡を取るにも早すぎる。
8時頃から連絡を取り始めるが3つの電話番号は誰も出ない。
やっと連絡が取れたのは9時少し前。
本社のレベッカは配達されたことになっているから届いているはずだと言うが
再度倉庫を確認してもどこにも届いていない。
また更に配達をしてもらっても午後のお葬式には間に合いそうもない。

支店長補佐に相談する。
再配達してもらっても時間内に届かない可能性のほうが高い。
どうしましょうかと聞くとしょうがない届きませんでしたと言うしかないなと言う。
もうひとつ選択肢があります。店にある花を使って私が作る。
作れるの?とびっくりする支店長補佐。
ちゃんと勉強しましたからと私。
支店長補佐の許可を得て店にあるものを使って
アレンジメントを作り始めたのが10時。
この間にデイブが心配して電話をくれた。
アレンジメントが届いていないと言うとショックを受けて
この後店に顔を出した。

白いバラと白百合とグリーンを使ってアレンジメントができた。
9時から4時の間に来るというお客の時間を気にしながら必死で作った。
久しぶりに作ったが何とか形になった。

本社から連絡が来て2時頃にアレンジメントが届くと言う。
本社からのアレンジメントが間に合えばお客さんにはそれを渡す。
その前にいらしたら私の作ったアレンジメントを渡す。

お客さんがいらしたのは1時だった。
私の作った物をたいそう気に入ってくださったのでよかった。

早朝から連絡待ちで時間が過ぎるだけだった。
お客さんの期待を裏切るのが嫌で待つ時間があれば作れるのにと思っていた。
本社の人達は注文を受けるだけでお客とのやり取りはない。
毎日お客さんに接しているのは私たちだ。
デイブも私も品物を渡せないことだけは避けたかった。

お客さんが気に入ってくださったので報われたが
私はどっと疲れてしまった。

スポンサーサイト

kemmiさん、お疲れさまでした。
きっと、素敵なアレンジメントだったでしょうね。せっかくKemmiさんのお店で頼んでくださったお客さまに迷惑かけられないというのは、日本人の責任感だと思います。
私も責任感はなくはないけど、残念ながらアレンジメントは造れない(笑)。

2014.04.30 08:01 katomi #- URL[EDIT]

現場を混乱させて、またくり返す不手際・・・。
う〜んですね。アクシデントなら解りますが期日中に
整えるのが当たり前の日本では考えられない事態です。
でもkemmiさんの機転で間に合い、お客様に喜ばれた
のですから会社はkemmiさんに報いるべきと思います。
「社長!あなたは現場の人に感謝すべきです...」とね。
私から大声で言ってさしあげたい。(^^;)

2014.04.30 11:12 北の旅烏 #- URL[EDIT]

すごいすごい!!
読みながら自分のことのようにドキドキドキドキしてしまいました。
作りながら、ものすごく心臓がバクバクしたでしょうね、時間も花の数もいろんなことを気にしながら.....。
でも、ただ待ってるだけはもっとつらいし....。
は〜〜〜〜、ほんとによかった。
しかも、お客さんが来たのが1時!ってとこが、もうドラマのようです。
ほんとにほんとにお疲れさまです、kemmiさんのお給料上げる様に北の旅烏さんと私とで社長に言っておきます(笑)。

2014.04.30 12:54 TSU #- URL[EDIT]

お疲れ様です。
でも、ほんと...。
お客様に喜んでいただけてよかったですね~~!
現場でじかに接客すると、それが一番の喜びなの、よくわかります。

2014.04.30 14:24 tuguki #- URL[EDIT]
katomiさま

私もやっぱり日本人の血だなと思いました。
イギリス人はそこまでしてトラブルを回避するという気持ちはないようです。
でも疲れました。

2014.05.01 03:18 kemmi #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

本社の不手際には何度も泣かされています。
お客さんは私たちを信頼して注文をされるので
こんなことが繰り返されると困ります。
デイブとこれから注文するお客さんにはお勧めできないと言おうかと話しています。
北の旅烏さんの労いの言葉が何よりです。

2014.05.01 03:26 kemmi #- URL[EDIT]
TSUさま

その通り心臓バクバクで顔は火照って真っ赤だったと思います。
お葬式用のアレンジメントはお花のコースで習って以来で
久しぶりでできるか自信がなかったけどやるしかないと思って必死でした。
お客さんが喜んでくれたので報われました。

お給料の件、社長によろしくお願いします。(笑)

2014.05.01 03:31 kemmi #- URL[EDIT]
tugukiさま

支店長や偉い人の労いの言葉より
お客様に喜んでもらえるのが一番嬉しいですね。
でも本当に疲れました、昨日は。

2014.05.01 03:35 kemmi #- URL[EDIT]

はじめまして。
「事件は常に現場でおこる」ですよね。
本社は常に後方支援に徹すべし!です。

2014.05.01 05:11 takako.t.maru #HL2jsdHs URL[EDIT]
takakoさま

初めまして。
時々お邪魔させていただいています。
本当に「事件は常に現場でおこる」ですね。
本社は支援できなくても妨害だけはして欲しくないです。
たまに日本とイギリスの違いを大きく感じます。

2014.05.01 06:01 kemmi #- URL[EDIT]

本当にお疲れ様でした!
kemmiさんに巡り合えたお客様は
本当に お幸せでしたね!
お悔やみのお花なんでしょう?
届きませんでした、なんてお答えできませんよね。
あっぱれ kennmiさん!!
本社には、デイブさんから よ~~~~~~~~~く
言ってくれたらいいのにね!
白薔薇と百合のアレンジですか。
目に浮かぶようです!

2014.05.01 13:20 しろうさ #WGv/JGO2 URL[EDIT]
しろうささま

この日は全く他の仕事ができず本当に疲れました。
でもお客さんに嫌な思いをさせなかったのでよかったです。
来週も同じテーブルセンターの注文が入っているので
デイブからも支店長からもしっかり苦情を入れてもらって
無事配達されることを祈るのみです。

2014.05.01 17:40 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する