続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > アンティークローズ

アンティークローズ

IMGP3422.jpg

今日はとても大きく健康そうなアンティークローズが入荷した。
早速このバラを使ってディスプレイ用に作った花束は30分ほどで売れてしまった。
私の好きなバラ。

このバラとピーチカラーのスプレーカーネーションとグリーンを使って
花束を作って欲しいと初老の女性に頼まれた。
とても優しい感じの花束ができた。
買い物を終えて花束を取りに来た女性が話してくれたのは
今日は友達の娘さんが亡くなって12年目にあたるそうで
そのための花束だそうだ。
その娘さんは27歳の若さで亡くなって
この女性はその娘さんのゴットマザーだったそうだ。
「今でも友達にかけてやる言葉はないけれど
花が少しでも悲しみを癒してくれると思って」とおっしゃった。
私がとても優しい素敵な花束になりましたね。
このバラは私の大好きなバラでアンティークローズというんですよと言うと
「いい名前ね。覚えておくわ」とおっしゃった。

娘さんを失った悲しみは癒える事はないだろうけど
お友達の気遣いが詰まった花束を見て
綺麗と思ってくれるだけでもいいなと思った。

スポンサーサイト

Kemmiさん、こんにちは。

アンティークローズ、とても綺麗ですね。バラは大好きなお花です。
心がどんな状態の時でも、綺麗な物は綺麗と思える事が大切だし人間らしいと思っています。
お花はそこにあるだけで綺麗ですよね。私もいつも助けられています。

日本では良くお仏壇にお花をお供えしますよね。それは仏様が綺麗に着飾る為にお供えするのだ、と教えられました。
私も自宅にある小さな供養場所にいつもお花を欠かせません。仏様が喜んでくれるといいなって願いながら。

2014.04.28 23:44 kusu #- URL[EDIT]
kusuさま

お花の種類、色は驚くほど豊富ですね。
私は花に囲まれて仕事ができるので幸せですね。

イギリスもお花は教会を飾ることがフラワーアレンジメントの始まりだそうです。
お花はどの国でもどの場所でも人を癒してくれるのですね。

2014.04.29 03:39 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する