続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

未分類 > 化粧

化粧

私はほとんど化粧をしない。
持っているのは化粧水とクリームと口紅。
口紅をつけないと顔がぼやけてしまうので唯一の彩り。
眉毛は太いので描く必要なし。

社会人になったばかりの時にケチって下地も付けず
いきなりファンデーションを塗ったら赤くなってかゆくなってしまった。
皮膚科に行くと化粧品にかぶれたのだろうと言われた。
全く化粧けの無い女医さんが
「化粧なんてしなくていいの。水で顔を洗ってそのままでいいの。
化粧水を付けたいならアルコールが入っていないものがいい。」と言われた。
会社の次長に「Kemmiさんもうちょっと化粧したらどうだ」と言われたが
皮膚科に行った話をして化粧はできませんと宣言。

20歳になった時会社の先輩が結婚することになった。
結婚式に呼ばれることになって仲のいい先輩と
ちょっと特別のことをしようと決めた。
それはお金を出して化粧をしてもらうことだった。
当時札幌に資生堂パーラーという(今もあるのかな?)
資生堂の美容室があった。
そこで髪のセットと化粧をお願いすることにした。
ここで私たちの誤算があった。

プロにやってもらえば綺麗にしてくれると思っていたのに
先輩は目蓋いっぱいにパールのハイライトを入れられ
遠くからでも目蓋が光って見える。
私はとてもきつい顔になり笑っても笑顔に見えなかった。

会社は電気設備会社の支店で社員は40人ほど。
女子社員は私を含めて4人しかいなかった。
結婚式場に行くとみんなのびっくりした顔。

二次会に行ってしっかり飲んで笑って楽しく過ごした。
家に帰るバスは9時台が最終だったので一人先に帰ることにした。
すすきの歩いていると何人かの人が振り返る。
やっぱりお金を出して化粧したからかなと思っていた。
しかし家に着いてどうして人が振り返ったのかわかった。

私は普段化粧はしないので化粧直しが必要なのを知らなかった。
家で鏡を見るとくっきりとしわが浮き上がっている。
目じりの笑いじわ。
小鼻の下のしわ。
上唇と鼻の間に横じわ。
舞台の俳優が老け役のしわを描いたような顔になっていた。
かなり厚く化粧をされたので余計しわが浮き上がっていた。

お金を出して化粧をしてもらえば綺麗になれると思っていた
若かりし頃の誤算。
20歳の記念にと写真館で写真も撮ったのに
とても20歳には見えない写真で今でも笑える思い出。

スポンサーサイト

あ~~っ、仲間、仲間~~!
わたしも、今までの人生のほとんどをスッピンですごしてきました。
顔を洗うのはオリーブオイルの石鹸で、その後は安物のノンアルコール系の化粧水をジャバジャバして終わりです。

2014.02.06 15:25 tuguki #- URL[EDIT]

資生堂の美容室、高校卒業の時にメーク教室に行った記憶があります。
懐かしい。

今は美容室で本人に合ったナチュラル系に仕上げてくれますが、昔はばっちりメイクが主流でしたよね。

基礎化粧も含めてシンプル派(手抜きとも言う)ですが、顔色が悪く見えるのと若かりし頃ノーメークでスキー三昧だったツケのシミ隠しのため、最低限のメイク必須なのがちょっと面倒(笑)

2014.02.07 01:52 さむ #- URL[EDIT]
tugukiさま

お仲間ですね。
私も石鹸はアレッポのオリーブオイル石鹸です。
すっぴんに慣れるともう化粧はできませんね。

2014.02.07 04:37 kemmi #- URL[EDIT]
さむさま

資生堂パーラー、ご存知でしたか。
懐かしいですよね。
今ならもう少しましな顔になれたかな?

2014.02.07 04:42 kemmi #- URL[EDIT]

私も仲間でーす。日焼け止めと口紅だけ。口紅は付け直すのも忘れています。このため、なかなか減らず。大昔空港の免税で買った口紅がまだあるんですが、油分が劣化するので捨てろと言われ・・・。安いので十分、とはいえ、口に入るものなので、最近はできるだけオーガニックです。

2014.02.13 05:40 ぽん #.I57DTE6 URL[EDIT]
ぽんさま

お仲間でしたか。
慣れてしまうともうお化粧はできないですね。
私はイギリス製のスーパーで買える安いものです。

2014.02.13 07:27 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する