続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

イギリス > 空飛ぶ小包

空飛ぶ小包

今日やっとクリスマスツリーを出した。
今年は風邪で具合が悪いのを理由に出し遅れたが
毎年12月は忙しいのでツリーを出すのが面倒臭くなっている。 

先週の朝起きて1階に下りると先に起きていた夫が話しかけてきた。
スカイニュースを見ていて大笑いしたよと。
ニュースではロイヤルメールがクリスマスを目前にして
臨時に人を雇い万全であると強調していたそうだ。
ロンドンのある配送センターからの生中継だったが
リポーターが責任者をインタビューしているその後ろで
仕分けされている小包がどんどん放り投げられていて
宙を舞っていたそうだ。
リポートの最後にテレビ局のアナウンサーが
「僕宛の小包があの中に混じっていないことを祈る」と言ったそうだ。
夫は今頃苦情が殺到しているだろうと笑っていた。

それから20分ほど経ってまたその配送センターからの中継があった。
仕分けされた小包をとても大事そうに係りの人が荷台に乗せていた。
かなりの苦情があったようだねと夫と見ていた。

以前イギリスに移られた日本の方のブログで
日本から送った瀬戸物がほとんど割れていたのを紹介されていた。
写真には粉々になったものばかり。
金属の缶までもひん曲がっていて驚くほどだった。
これがロイヤルメールのサービスかと思わされた。

我が家は幸いにもまだ被害にはあっていないが
一度夫が注文したサンダルがお隣の裏庭に投げ込まれていたことがあった。
お隣の方があて先を見て持ってきてくださったのだが
日本では考えられないサービスだと思った。
いや日本と比べてはいけないのだろう。

スポンサーサイト

それは、完全にモンティパイソンのネタですね。

2013.12.21 17:24 TSU #- URL[EDIT]
TSUさま

そうですね。
モンティパイソンの世界ですね。
日本と比べてはいけないと思ってもすぐ比べてしまいます。

2013.12.22 02:58 kemmi #- URL[EDIT]

えっ?
季節がら、航空便で届いた国際郵便のお話かと思ったら...そんな飛び方のオハナシだったんですね。
でも、たしかに...。
うちのあたりでも、日本ならそっと置くようなものでも、どんっと投げ置く人が多くて驚いちゃいます。

2013.12.22 15:16 tuguki #- URL[EDIT]
tugukiさま

そうです。
イギリスの空飛ぶ小包のお話しです。
アメリカもこれに近いですか?

2013.12.22 20:54 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する