続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

夫の七不思議 > ばね指

ばね指

夫の膝は相変わらず回復が遅い。
いずれにしても片方は将来的に人工関節に変えなければいけない。
いまだ仕事復帰の目途は立っていない。

今度は数ヶ月前から夫の左手の親指の第一関節がカクンカクンと引っかかり
スムーズにまっすぐにできない。
関節の周りが腫れている。
その指を使うと痛いなどの症状が出てきたので
かかりつけの医者に診てもらった。
夫は関節炎を疑っていたが医者はトリガー(引き金)サム(親指)ではと言う。
早速総合病院でレントゲンを取る予約をしてくれ
さらに別のクリニックへ行って親指の関節に注射をする
予約を取るように言われた。

注射の予約は割りと早めに取れて先日注射を受けに行ってきた。
この分野が専門の医者のようで診たてはやはりトリガーサムだった。
治療は親指の関節にステロイドを注射する。
これで大体9割は治るということだった。
ちょっと痛いですよと言われた夫は大丈夫そうな顔をしていた。
注射が終わって医者からまた痛かったでしょうと尋ねられると
夫はいや大丈夫と答えていた。
医者はもし2ヶ月くらい経ってもまだ症状があるようなら
また注射を受けに来てくださいと言った

夫の顔を見てそれほど痛くはなかったのだなと思っていたら
クリニックの建物を出た途端夫は顔をしかめて
すごっく痛くて涙が出そうだったと告白した。
やはり痛かったのだ。
手といえば神経がいっぱいあるから痛いよね。
これで治らなくてももうあの注射はもういやだと言っていた。

ところでトリガーサムって日本名で何と言うのだろうと探したら
ばね指というのを見つけた。
以前夫がかかったとびひもこのばね指も
まったく馴染みのない言葉だった。
夫のおかげでいろいろと勉強になる。
スポンサーサイト

kemmiさま
私も初めて聞く病名です。
ほんとに知らない事って多いですね、っていうか知ってる事ってきっとほんのわずかなのでしょうね。
ずっと日本にいてもそう思うのだから、kemmiさんのように海外にいると膨大な量の「知らない事」があるのでしょう。
もう、おもしろがって立ち向かうしかないですね。
でも文章を読んでいて、ぜったい痛いのをがまんしてるってわかりました。
kemmiさんのご主人がそんな注射平気なはずがないですもん(笑)。
お大事にねってお伝えください。

2012.04.23 23:30 TSU #eYj5zAx6 URL[EDIT]
TSUさま

お察しのとおり注射は夫のやせ我慢でした。(笑)
前回のとびひは子供に多いもので
今回のばね指は妊婦さんや更年期を過ぎた女性に
多いものとありました。
なんだか不思議なものばかりです。
変ですよね。(笑)
ご心配ありがとうございます。
夫に伝えておきます。

2012.04.24 04:27 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する