続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

里帰り > 里帰り2013-2

里帰り2013-2

千歳空港について今年も空港内の万葉の湯に泊まる予定だったが
チェックインが五時と遅く一時ごろ着いた私は寝不足と時差ぼけで
ボーっとして時間を持て余していた。
千歳に住む友達に電話をすると息子さんを連れて会いに来てくれた。



その後今回車を貸してくれる友達もわざわざ車を空港まで持ってきてくれて
私たちと合流。
毎年毎年お世話になります。
友達の顔を見るとほっとした。

その日は温泉に浸かって夕食にお刺身と中生ジョッキで疲れを癒した。
IMGP3773.jpg

翌朝実家に戻ったが迎えてくれる人は誰もいなかった。
変な感じだなと思いながら空気の入れ替えに
窓を開けていくと裏に住むお宅で物音がした。
おじさんだ。
脱衣所の窓から顔を出して「おじさーん」と声をかけると
「お母さんどうしちゃったの?夜も真っ暗で誰もいないよ」とおじさんの一声。
この家に越してきて20年、裏のおじさんには何かとお世話になっていた。
母が家で転倒し、今は病院にいることなどを説明して
おじさんも安心してくれた。

お向かいにも挨拶に行った。
母のために救急車を呼んでくれご主人が病院まで付き添ってくれたのだ。
こちらのご主人も奥さんもとても良い方々で
私の事情もわかっていてくれて母のことをできる範囲で見守ると
おっしゃってくれ電話番号まで教えてくれた。
ご主人は今年は町内会の班長さんで雪かきもしてくれていた。
妹が亡くなったときも思ったのだが
本当にいいご近所に恵まれていた。

母の病院を訪ねた次の日は老人健康施設にいる父を訪ねた。
ここ毎年のように父に会うときは「私誰かわかる?」と試している。
施設の大きなテレビの前のレザーソファに座る父。
今年も同じ質問をした。「わかるよ。〇〇ちゃん」と言ってくれたので
ホッとした。
父は扱いやすい入居者のようでスタッフの方々に
良くしてもらっているようだった。
穏やかな表情だったので安心した。
帰り際にスタッフの方がイベントのときに取った写真を見せてくれた。
父は満面の笑顔で写っておりそれも私を安心させた。
あまりにもいい笑顔だったのでいい写真ですねというと
持ち帰ってもいいと言ってくれたので2枚の写真をもらってきた。

その写真は携帯で写真を撮り夫にメールで送った。
夫はその写真の父の笑顔を見てホッとしたそうだ。
電話で話しているとホッとしたと同時に
なんだかわからないけれど涙が出てくると
夫はまた泣いていた。

その翌日は今まで両親の面倒をみていてくれた叔父の見舞いに。
叔父も病に倒れていたのだ。

里帰りの始まりはこんな感じだった。

スポンサーサイト

何がなくともとにかくご主人の優しさに支えられますね。会ったことないけど、大好き!

2013.07.04 23:48 TSU #- URL[EDIT]

良いご近所さんに恵まれるというのは、ボーナスですよね。家や立地は選べても、ご近所さんは選べませんもの。

そして、お父様の写真に涙するKemmiさまのご主人。優しい方なんだろうな、と伝わってきます。この一行で、私の涙腺も弱くなります(苦笑)。

そして、全然関係ない+今更なのですが、私のブログにKemmiさんのブログのリンクを貼らせて頂いてもよろしいですか?

2013.07.05 02:38 おゆり #mQop/nM. URL[EDIT]
心強いご近所さん。

都会ではマンションが乱立し、賃貸であればなおさら
のこと隣りに住まいする人が誰なのか分かりません。
日本人が代々引き継いできたご近所さん意識が残って
いるkemmiさん宅のご近所の方々は心強い味方ですね。
そして感謝し尽くしても足りないかもしれませんね。
お父様の穏やかな笑顔に出会えて、また一つ心の支えが
とれたのでは...と思います。お友達もみなさん気遣って
くれて、それもこれもみんなkemmiさんの人柄からくる
財産だと思います。(^^)

2013.07.05 08:56 北の旅烏 #- URL[EDIT]

ほんと...。
遠くの親戚より近くの他人とはよく言ったもんですよね。
うちの両親も、今の場所に移り住んで20年になるんですが、一回りほど若いお向かいのご夫婦にどれだけ助けていただいていることか...。

でっ...。
ご主人のお人柄...。
kemmiさんが語ってくださるちょっとしたエピソードからもガンガン伝わってきて、わたしも、今や、大ファンです。

2013.07.05 14:31 tuguki #- URL[EDIT]
TSUさま

こんなに父のことを好きになってくれた人は
父にとっても初めてだと思います。
夫は実の父とのかかわりがないので
なおさらなのかもしれません。

2013.07.05 21:06 kemmi #- URL[EDIT]
おゆりさま

本当に実家のご近所さんには恵まれました。
こんな優しいご近所さんはなかなかいないですよね。

夫と父は相思相愛です(笑)
夫の涙腺はかなり弱いですね。
でも嬉しいです。

リンクよろしくお願いします。

2013.07.05 21:10 kemmi #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

20年来のご近所さんですが
周りはだんだんと引っ越されたり人が変わって
裏とお向かいさんだけが残っています。
でも長いことご近所さんでもこんなに素敵なご近所さんは
なかなかいないですよね。

いつもいつも友達やいろんな人に助けられて
それに見合うお返しができているのか
不安になります。
どんな形で報いたらいいのかと。

2013.07.05 21:15 kemmi #- URL[EDIT]
tugukiさま

tugukiさんのご両親も移り住んで20年ですか
道産子とか色々と似たところがあって
ますます親近感です。

夫は実の父を知らずに生きてきたのでよけい父が好きなのだと思います。
ブログには夫のことちょっと良く書きすぎたかな。
見た目は私の頼んだことを忘れっぽいただのデブです。(笑)

2013.07.05 21:20 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する