続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > お花屋さんのバレンタイン

お花屋さんのバレンタイン

バレンタインの直前に風邪をひいてしまい
最悪の体調で13,14日を切り抜けたが
15日は仕事中に立ちくらみを起こし早引きしてしまった。

お花屋さんに変わってからの初めてのバレンタイン、
忙しくなるのは予測していたが本当に忙しかった。
いつも使っている作業台では足りないので長机を用意した。
私もデイブもサムも休憩以外はそこから動く事ができなかった。
一日中花束作り。
イギリスは男性が女性にプレゼントを贈る日なので
お花屋さんには花束を待つ男性の列ができた。
中年の男性はバレンタイン用の既製の花束を買う人も多いが
若い男性は一から作るブーケを求める人が多かった。
花選びから手伝ってラッピングペーパーとリボンの色を決める。
次に待っている人がさっき作っていたような感じでと頼まれたりした。
一生懸命な姿を見ていると微笑ましくなってしまう。

午後5時を過ぎると仕事帰りの男性が増える。
スーツ姿の人もいれば汚れた作業着の男性。
手や顔まで仕事で汚れている。
仕事仲間とお花屋さんに寄って
それぞれのパートナーに綺麗な花束を抱えて帰る。

中年の男性は38本のバラが入ったブーケを作ってと言う。
結婚38年目だそうだ。
バラが2本足りなかったのでおまけしてあげた。

バレンタインデー当日は配達の手違いか
バレンタイン用の花束が少なすぎた。
そのため売り場にある花を使って花束を作るのが増えたので
余計に忙しかった。

今回の難関はパセリやバジルなどハーブを使ったブーケをと頼まれたこと。
全てハーブでと言われ、これは難しかった。
ブーケと言うよりはアレンジになってしまったけれど
最終的には喜んでもらえたのでよかったが
2回目は無しにして欲しい。

イギリスの今年の母の日は3月だ。
毎年母の日はバレンタインよりも忙しい。
来月も忙しくなるだろうな。

スポンサーサイト

お疲れ様でした。
花束やブーケを持つ男性って、微笑ましくて好きです。
スーツや作業服だとなお良し。
いわゆる萌えポイントといいますか(笑)
ハーブのブーケにビックリ。見てみたいです。

ところで母の日、イギリスは月も変わるのですか?

2013.02.18 22:50 さむ #u62fkvpQ URL[EDIT]
さむさま

作業服のお兄さん、おじさんはよかったです。
ほのぼのと言う感じです。
ハーブのブーケはもう結構です。(笑)

イギリスの母の日は毎年変わります。
なにやら満月に関係あってその月の満ち潮で
イースターが決まるだそうで
母の日はイースターの2週間前の
日曜日だそうです。
毎年変わるのでわずらわしいです。

2013.02.20 08:31 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する