続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > 思いやる気持ち

思いやる気持ち

先週仕事に行くとスーパーの入り口で見覚えのあるお客様。
60代のご婦人。
どうやら右手を吊っているみたいだった。
どうしたんですかと声をかけると
その前の週のとても冷えた日に氷の張った歩道で転び
右手首を骨折したそうだ。
「ギプスをするとき看護婦さんがどの色がいいかと聞いたので
この色にしてもらったの」とピンクに巻かれたギプスを見せてくれた。
右手なら何もできなくて大変でしょうと聞くと
「夫が結構やってくれるのよ」。
私も4年ほど前右ひじにひびが入ったとき
私の夫も料理をしたりと色々とやってくれたから
こういう時にはどんどん旦那さんにやってもらいましょうと
話しているとご主人が買い物のカートを押しながらやってきた。
優しそうな顔をしたご主人。
「昨日は髪を洗ってくれたの」と奥さんが言うと
「セットは上手くいかないね」とご主人が目を細めながら言った。

お二人を見ているとこれ以上言うことはない。
お互いを思いやる気持ちが伝わってきた。
素敵なご夫婦。
ごちそうさまでしたという気持ちになった。

スポンサーサイト
助け合い。

・・・いいお話ですね。(^^)
私の場合長続きせず...なので反省汗かも。(^^;)
来週こそ気合いを入れて?戻ってきた(退院)
かみさんに美味しいものを食べさせようかと
思っています。(ホントかな?汗^^;)

2013.01.30 08:10 北の旅烏 #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

奥様入院されているのですか?
大丈夫ですか?

退院されたら色々と手伝ってあげてください。
とても助かると思います。
北の旅烏さんと結婚してよかったと思いますよ、きっと。

2013.01.31 00:50 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する