続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

ビーズ > クリスへの贈り物

クリスへの贈り物

IMGP3285.jpg

クリスは仲良くさせてもらっているお客様。
と言うより今は友達と呼べる方。
私が4年前にお花部門に配置換えになってから
すぐに声をかけてくれた。
最初はたわいのない話だったが
そのうちにプライベートなことも話をするようになり
夫が怪我をしたときも親身に話を聞いてくれた。
日本にいる両親の心配事も聞いてくれ
クリスも彼女の病弱な夫のことなど話し
友達のような感覚になっていた。

去年の秋口にクリスが目の下の鼻の所にできものができて
これがとても気になると言っていた。
見た目には小さな吹き出物にしか見えないのだが
クリスはちょっと嫌な感じがすると言って
医者に診てもらった。
医者はたぶん大丈夫だと思うけどとは言ったが
細胞を検査に送ってくれた。
ところが検査の結果皮膚がんと判明。
それからクリスは専門医に診てもらい
治療を開始することになった。
しかしそれが何時なのかはっきりしなかった。
クリスはほぼ毎日買い物に来るので
そのたびに不安を口にしていた。

最初の結果が出るまでに2週間かかり
それから何時治療が始まるのか待たされいた頃は
明るくは振舞っていたもののクリスの表情から
不安が読み取れた。

12月に入ってようやく治療が始まった。
癌の部分への放射線治療。
10日間毎日患部に10分間放射線を当てる。
クリスマス前に治療が終わった。
まだ治療の結果は先だがクリスの
以前の明るい表情が戻った。

不安と戦っていたクリスの勇敢さを称えたくて
ビーズを贈りたいと思ったが
クリスマスプレゼントには間に合わなかった。
先日の10日ほどの休暇を使ってネックレスを作った。

いつもクリスが身に着けている服の色と
プラチナブロンドのショートカットに似合うようにと
考えた色合わせ。

IMGP3305.jpg

日曜日に買い物に来たクリスにネックレスを渡した。
癌と戦った勇気を称えてと言うと
クリスは泣きそうになってしまった。
翌日ネックレスを着けてお店に寄ってくれた。
これから町で友達と会うから自慢してくるわと言っていた。

誰かを思ってビーズを作るのは完全な私の自己満足なのだが
気に入って身に着けてくれるともちろん嬉しい。
それ以上にクリスに笑顔が戻った事が嬉しい。

スポンサーサイト

Kemmiさん、
「誕生日」といい、今日のお話といい、
あまり私を泣かせないでください。
職場で読むとまずいです(笑)。

2013.01.22 23:13 katomi #- URL[EDIT]
katomiさま

すいません。
まさかkatomiさんが仕事中に泣いているとは・・・
感情の豊かなkatomiさん、
これから気をつけます。(笑)

2013.01.23 05:33 kemmi #- URL[EDIT]
笑顔。

不安に打ち勝った時にプレゼントされた
心のこもった手作りのネックレス・・・。
kemmiさんの気持が伝わり、こちらまで
泣けてきます。
クリスに笑顔が戻った事が嬉しい・・・。
kemmiさんのやさしさが伝わってきます。

2013.01.23 10:49 北の旅烏 #- URL[EDIT]

素敵素敵!
ビーズのネックレスも、kemmiさんの気持ちも、お友達の勇気も!!!

2013.01.23 11:43 TSU #- URL[EDIT]

素敵過ぎます!プレゼントのビーズのネックレスも、Kemmiさまの心意気にも涙です。

2013.01.23 23:52 おゆり #mQop/nM. URL[EDIT]
北の旅烏さま

すいません、北の旅烏さんまで泣かしてしまいましたか?
ネックレス作りは本当に自己満足なんです。
嬉しいのはクリスに笑顔が戻ったことですね。

2013.01.24 03:41 kemmi #- URL[EDIT]
TSUさま

ありがとうございます。
出会いっていいですね。

2013.01.24 03:44 kemmi #- URL[EDIT]
おゆりさま

すいません、おゆりさんまでも泣かしてしまったのですね。
クリスには仕事の愚痴を聞いてもらったり
プライベートなことまでとよき話し相手です。
笑顔が戻っただけで嬉しいです。

2013.01.24 03:58 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する