続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

2017年10月 の記事一覧

こんなの見つけた

働いているスーパーでポットヌードル(日本のカップ麺に似たもの)の
陳列棚の前を通った時にSoba(そば)という文字が飛び込んできた。
イギリスのカップ麺は不味い。
だから寄り付きもしなかったのだがSobaという文字が気になり
買い物の時に手に取ってみた。
するとまさかのNissin(日清)の文字が・・・
これは買ってみなくてはと買い物かごに入れた。

IMG_20171030_100722857.jpg

容器は他のカップ麺と同じく細長いが
ちゃんと蓋に湯切りの穴が開いている。

IMG_20171030_100750228.jpg

かやくはもう麺に混ぜられている。

IMG_20171030_123408433_HDR.jpg

熱湯を入れて3分待ちお湯を捨てる。
ソースを入れてかき混ぜると出来上がり。

IMG_20171030_124142413.jpg

麺は日本の焼きそば弁当と同じで悪くない。
量が少なく物足りなかった。
倍の量でもいいなと思った。
私は焼鳥チキンを買ったが他にはてりやきとチリソースがあった。
次回はてりやきに挑戦してみよう。

スポンサーサイト

マジックペン

本屋さんの前を通ったらバーゲン品に目が行った。
Sharpiesのペンが28本で9.99ポンド。
これは安い。即購入。

IMG_20171013_154114156.jpg

ポリマ粘土の透明に色を付けるのにアルコールインクがいい。
透明感を残してくれる。
でも市販のアルコールインクは一色が4ポンドほどする。
色を揃えるには高すぎる。
そう思っていたのは私だけではなかった。
アルコールを使ったペンを使ってアルコールインクを作ることができる。
その作り方を公開してくれている人達がいるので
それに従ってインクを作る予定だ。
同じ色が8本あるので20色の色が作れる。

北の屋台

友達が帯広に行ってきたという話を聞いて突然思い出した。
15年くらい前、妹がまだ元気だったころの話。
妹と好きだったアーティストのコンサートの券が帯広の分しか取れず
里帰り中だった私は夫を実家に置いて妹と一泊で帯広に行った。
楽しかったコンサートが終わってホテルに戻り夕食を取ろうと街に出かけた。
北の屋台と呼ばれるいう屋台が集まる場所に行った。
どうして行ったのか覚えていないのだがホテルに近かったことで
たぶんホテルの人が教えてくれたのだと思う。

魅力的なお店がいっぱいで迷いながら選んだお店がまた良かった。
初めて食べた生湯葉が美味しかった。
妹と美味しいねと言いながら食べた。
ホテルに戻ると近接のホテルのミルク風呂が使えるということで行ってみた。
肌がつるつるに感じるお風呂だった。

残念ながらこのアーティストのコンサートに妹と行ったのは
これが最後になってしまった。
今でも楽しかったと思える妹との思い出。

夫はどうしたかというと同じ日に札幌に一人で遊びに行き
帰りのバスに乗る前に私の母に帰るよと電話を入れた。
私が実家に電話すると母が夫がもう家についてもいい時間なのに
まだ帰ってこないと心配していた。
コンサート後に電話すると夫は実家に戻っていた。
バスの停留所を間違って2つ前に降りてしまい一時間近く歩いて帰ったそうだ。

どれもこれも懐かしい思い出。

EDAMAME

IMG_20171019_183138935.jpg
 
仕事帰りに買い物をしていたら思いがけない物を見つけた。
枝豆。
試しに買ってみた。

IMG_20171019_183623672.jpg

サラダにトッピング。
残りはめんつゆに漬けてみた。

同じセクションに茹でられた蕎麦も売られていた。
これは遠慮させてもらった。
本物の蕎麦を知っている私なら食べられないと思う。
さて一体どなたがどんな風に食べるのか?
きっとすぐに売り場から姿を消すだろうと思う。

追加
IMG_20171020_180200394.jpg

めんつゆと同量の水と少量のおろし生姜で漬けた枝豆。
美味しくできた。

ピンクローズ

IMGP7112.jpg

FOMOというメーカーのローズクォーツ色の粘土を使って
バラのネックレスとイヤリングのセットを作ってみた。
とてもきれいな淡いピンクのバラになった。

IMGP7098.jpg

実はこれは2作目。
最初のは見事に失敗。
いつも私が使っているのはPREMOの粘土。
1作目はFIMOとPREMOを混ぜて使った。

IMG_20171018_115242246.jpg

失敗。
グラデーションを出すのにいつもは一色に白を加えていくのに
今回は一番外側だけにFIMOのローズクォーツを使った。
焼く前は不透明だったのでいいグラデーションになると思っていたら
焼いた後のローズクォーツは透明感とパール感が出ていた。
もう一つ間違えたのは焼く温度。
PREMOは130度でFIMOは110度。
1作目の外側の花弁は少し焦げたのか色が濃くなっている。

なかなか1回では上手くいかないと実感した。

テレビの怪

先週くらいからテレビが電源が突然切れたと思ったらすぐに点きだした。
このテレビはまだ1年くらいなのだがイギリス製なので
寿命が来たのかとも思った。
夫と安かったから長持ちしないかなと話していた。

この現象が続いて数日たったらおかしなことに気づいた。
テレビが突然切れるときいつも同じCMの最中だということ。
このCM以外テレビの電源は落ちることがない。
クルーズのCMで海の素敵なシーンが始まると
まず最初に音声がなくなる。
そしていつも同じ場面でテレビの電源が落ちてまたすぐ入る。
とても不思議。
このCMの時だけなのだ。
呪われたCMだろうかと夫と話している。

OSAKA

30516328-front-640x360[1]

夫が60歳になる少し前にメガネ屋さんで60歳以上になると
25%の割引が受けられるとわかった。
その日を待って新しい眼鏡を作った。
夫は決めていたフレームのデザインがあった。
ジョンレノンのかけていた丸いフレームだそうだ。
夫が選んだのは写真のフレーム。
なぜかフレームの名前はOSAKA。
それが今日出来上がって受け取ってきた。
夫はとても気に入っている。
私にとってこのメガネのイメージは東海林太郎。

レッグウォーマー

先月老人ホームにいる母に電話をした。
認知症ではあるがある程度の会話はできる。
元気そうで安心した。
服が欲しいと言っていたので友達に頼もうと思ったが
オンラインショップで頼むことができるか調べると
お年寄りの服を頼めるお店が結構あったので
そのお店から選ぶことにした。
ホームでは持ち物に名前を付けなければいけない。
そのお店では刺繍で名前を入れてくれる。
これは嬉しいサービスだ。
決まった金額を超えると送料も無料になる。
北海道は本州に比べると送料が若干高くなってしまう。
あと600円程足りなかったので何かないかとみていたら
レッグウォーマーがあった。
母は脊椎の数か所がつぶれてしまい背が縮んでしまったが
昔は160センチあり私とそれほど変わらなかった。
背は縮んだものの足の長さは変わらないので普通のスボンだと短い。
座っている時間が長いのでズボンの裾が上がって脛が寒くなる。
そこでレッグウォーマーを追加で入れてみた。

後日老人ホームの相談員さんから荷物が届いたとメールが来た。
母は頼んだ服よりもレッグウォーマーをとても喜んで
その場ですぐに身に着けたそうだ。

メールをもらっておまけに頼んだ物が母を一番喜ばせたと知り
意外ではあったが喜んでもらえたのは嬉しかった。