続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

2017年08月05日 の記事一覧

手作り

日本に帰省していた際に最初に勤めた会社の先輩たちと会った。
皆社会人一年生として入った会社で2人は1年先輩だった。
私はちょっと変わった人だったようで。
今も変わっているとは言われるが・・・

私が変わっていたという思い出話に花が咲いた。
その中の一つが私の手作りした服の話だった。
昔から皆と同じ格好が嫌だったので余り流行は追わなかった。
母と妹が洋裁をしていたのでわからないところを教えてもらいながら
自分の着たい物を作った時期がある。
先輩の一人が私が乗馬にはくようなズボンを覚えていた。
脛のあたりが細く膝から上に余裕のある形。

実はもっとすごいズボンを作った話をした。
乗馬スタイルのズボンに気をよくした私は膝から上を
もっと膨らませた形を作った。
作業員の方が着るニッカポッカに限りなく近い形。
このズボンを先輩たちは見ていない。

そのズボンを穿いていった日。
会社の玄関で市川課長にあった。
市川課長はどんなに忙しくてイライラすることがあっても顔には出さず
紳士的で優しいとてもいい人だった。
その課長と玄関先で会って挨拶したときに課長の目が点になったのに気付いた。
私の穿いていたズボンのデザインにびっくりしたのだ。
だがそんなことを口にする人ではない。
しかしその反応でこのデザインはいまいちだったとわかった。
それ以来そのズボンは穿くことがなかったので先輩たちは見ていない。

初めて入った会社は学校の延長気分が抜けていなかった。
今考えると恥ずかしくなることも一杯やった。
若かったのだなと思う。

スポンサーサイト