続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

2015年02月 の記事一覧

レッドブレスレット

IMGP5697.jpg

赤の丸小ビーズに小さな黒い花を入れてロープを作り
メモリーワイヤーを使ったブレスレット。
両端に使ったちょっと大き目のビーズは妹の遺したもの。
妹は私が持っていない中くらいから大きめのビーズを持っていた。
何かアクセントになるビーズはいつも妹のビーズから探してみる。
そして合いそうなものが見つかる。

スポンサーサイト

子だくさん

たぶん1,2年前のことだと思う。
花屋さんに立ち寄った男性が日本に少しの間住んでいたと教えてくれて
日本語で少し会話をしたら流暢な日本語だった。
その後息子さんを連れて立ち寄ってくれた。
7,8歳くらいの息子さんは日本語で1から10まで数えてくれた。
それからお店の前を息子さんと通るたびに
息子さんがこんにちはと声をかけてくれた。

去年のクリスマスあたりにこの親子がお店に来たのだが
息子さんだけでなくほかにも大勢の子供たち。
その子達がその男性をお父さんと呼んでいる。
てっきりお子さんは息子さんだけだと思っていたので驚いた。
他のお客さんもいてとにかく大勢というイメージで
お子さんが何人いたのかわからなかった。

今年になってこの男性がふらりと1人でお花屋さんに来た。
少し話をしてからこの前一緒だったのはお子さんですかと聞くとそうですと言われた。
何人と尋ねると6人。
男の子1人に女の子5人。
イギリスでもいまどき6人は珍しいかもしれない。

休暇に入る前に作ったピンクとグリーンの花束。

Photo-0030.jpg

開通

今日から1週間のお休み。
先月末車検は通ったのだが直したほうがいいと言われていたところがあるので
今日車屋さんに行ってきた。
車を置いていったん歩いて帰るのだが
公園を横切る小道は一年以上通れなくなっていた。
今日も無理だと思いながら小道のそばを通ると
なんとゲートが開いていた。
使えるようになっていた。

Photo-0033.jpg

小枝が伸び放題の木に囲まれ舗装もされていなかったのがこんなに綺麗。
新しい塀にはこんなのもあって明るい。

Photo-0032.jpg

このつり橋を渡ってちょうど自宅から半分くらい。

Photo-0034.jpg

昨日は雪や雨が降って悪い天気だったけど
今日は寒かったが青空が広がって気持ちよかった。

ケールチップス

IMGP5678.jpg

tugukiさんが作っていたケールチップスに挑戦。
細かく切られたケールがあったのでそのまま使えると思って買った。
パッケージを開けてみると細かすぎたが使った。
ケールを洗って水気を取りトレイの上に並べてオイルをスプレーした。
その上から塩を振りかけた。
150度のオーブンで15分から20分くらい。
私は20分にしたらちょっと焦げてしまった。
次回は15分にしよう。
写真の左下はつまみ食いしたあと。
一口目、苦いと思ったがちょっと癖になりそうな苦さ。
嫌いではない。
次回はこま切りにされていないケールを買ってきて
15分でやってみよう。

夫は食わず嫌い挑戦嫌いなので目もくれなかった。

ピーチローズ

IMGP5677.jpg

ピーチ色のバラでペンダントとイヤリングのセット。
ペンダントの直径が3センチでバラは1センチくらい。

実はこれは3度目の挑戦。
ようやく自分で納得のいく形になった。

最初の作品。

IMGP5613.jpg

なんだか大きすぎた。

二回目の挑戦。

IMGP5617.jpg

金具にバラを貼り付けるのに苦労していたら
花びらの繊細な部分をつぶしてしまい平坦になってしまった。

粘土もビーズ同様に独学なのだが今はインターネットで
やり方を教えてくれる方がいて
下の2つのバラの作り方はいとも簡単に見えたけど
とても難しかった。
やはり何度も練習、挑戦をしなければ駄目なようだ。

昨晩のこと

昨晩夫がシャワーを浴びてくると言って2階に上がってちょっとしたら
すごい物音がした。
とっさに夫がバスルームで転倒したと思った。
何が起こったのとすぐに2階に駆け上がり夫に声をかけた。
戸をあけようとしていも中から夫の身体が塞いでいて外から開けられない。
夫の足がドア越しに見え、転んだと夫の返事。
何とか夫が体勢を直して中に入ることができた。
どうして転んだのかと訊くと
夫は長いこと立っていられないのでシャワー椅子を使っている。
夫は自分でもよくわからないのだが椅子の場所を変えようと思い
椅子を抱えて自分のお腹の前を通して反対側に置こうとしたのだが
お腹が出ているので椅子がつかえてしまい無理に通そうとしたら
後ろにのけぞってしまった。
我が家の浴槽は浅くその浴槽の縁がちょうど夫の膝の裏側に当り
膝がカックンとなって背中から倒れたそうだ。
幸いだったのがシャワーカーテンが夫の身体を少しだけ支え
急激に倒れなかったようだ。

私は夫が心臓発作か何かで倒れたかと思い肝を冷やした。
夫も怖い思いをしたようで手が震えていた。
怪我はなかったものの膝、背中、左手をぶつけたようで
打撲で痛いそうだ。

夫は巨体なので倒れられたら私が起こすことはできない。
何かあれば救急車を呼ぶしかない。
今日は早番で仕事に出たので9時頃休憩で夫に電話をした。
身体中が痛いと言うが大丈夫そうだ。

もうこういうことは無しにして欲しい。

赤のスワロスキーリボリで

IMGP5588.jpg

私の好きな赤を使ってちょっとドレッシーなイヤリング。

Inspection

今日はinspection(点検)の日だった。
我が家は不動産屋を通して借りている。
イギリスではinspectionというシステムがある。
我が家は6ヶ月に一度不動産屋から人がやってきて
家の点検をする。
家の中の全てを見られる。
家主に結果を報告する。
汚い家に入れるわけにはいかないので
夫と先週から少しずつ掃除をしていた。
面倒くさいシステムではあるがこういうことがないと
ずぼらな私は掃除をするきっかけにならないので良いのかも。

デイブも同じ不動産屋を使っているのだが
彼の場合は3ヶ月に一度のinspectionで大変そう。

拍子抜けバレンタイン

今年のバレンタインは土曜日だったので
デイブや私たちは土曜日が一番忙しいと思っていた。
そこで普段土曜休みのケリーに土曜出勤を頼んで
サムを加えて4人体制の日程を立てていた。
ところが一番忙しかったのは金曜日13日の午後4時ごろから
夜にかけてだった。
バレンタイン当日は金曜日に大量に入荷した花はほとんど売れた。
遅番が一番忙しいと思い私とサムは遅番だったのだが
5時過ぎには暇になり普段できなかった掃除や観葉植物の手入れをした。
バレンタインは14日と決まっているが土日が絡むと予想通りには
行かないのが今回よくわかった。
私が忙しかったのは金曜日の4時頃から仕事が終わる5時までだった。
今年一番忙しかったのはその日5時から8時まで1人で頑張ったサムだった。

このお花はバレンタイン用に早めに作っておいたブーケ。
こちらはバレンタインを早めにしたいと言う若い男性が木曜日に買ってくれた。

Photo-0027.jpg

丸い花束とは違った形でなだらかに前方に傾斜している。
14ポンド50ペンスの値段が付いている。

ターコイズペンダント

IMGP5582.jpg

これは今年の作品。
と言ってもペンダント部分は去年のうちにできていたのだ。
ケーキの雑誌に付いていたおまけの型を使った。
その後ロープはどのようにしようか迷ったまましばらくそのままだった。
今年に入ってようやく手をつけて仕上げた。

トフィー

以前お花屋さんで大量の売れ残り出てしまい
破格の値段で売ったことがあった。
その時お勧めしたおじいさんがガールフレンドにとっても喜んでもらったと
お礼を言いに来てくれた。
それ以来私を見ると僕のガールフレンドと言って声をかけてくれるようになった。
値引きした花があるとガールフレンドに買っていってくれる。

去年のある時期からお菓子を持ってきてくれるようになった。
受け取れませんと言ってもいいからと置いていってしまう。
それがトフィー。
キャラメルの一種。
実は私も夫もこのトフィーが苦手なのである。
もう3度も頂いている。
もう気にしないでくださいと言ってもいいからと
我がスーパーの商品ではなくライバルスーパーの商品。
嫌いですとも言えず困ってしまう。
捨てるのは申し訳ないので夫が良く行くパイ屋さんにあげている。

先日もこのおじいさんがいらした時子供はいるのと聞かれた。
いないと言うと子供がいるのならトフィーを2袋持って来ようと思ったと言われた。
もう気持ちだけで十分ですからと言ったがまた持ってきてくださるだろう。

困ったな。

オレンジガーベラ

Photo-0024.jpg

お正月が過ぎた頃から毎日配達される花の量が少なくなってきている。
午後になるとさらに在庫が少なくなる。
この日は夕方にディスプレー用の花が売れてしまった。
花選びにも困るほどだったが
花びらの端が緑色の小菊ときれいなオレンジ色のガーベラを合わせた。
これが売れてしまったらもう他の花束は作れないと思った。

パールブレスレット

IMGP5545.jpg

これも年末の作品。
大きめのパールにサーモンレッドとオリーブカラーの
ファイヤポリッシュビーズを合わせてみた。

白の花束

お花屋さんでは定番で白の花とグリーンだけを使った花束がある。
人気の花束だけど普段は日に2つくらいしか入荷しない。
昨日は2つ届いたが午前中の早い段階であっという間に売れてしまった。
他のお客さんも白い花束を買いに来るかもしれないので
売り場にある白とグリーンを使って作った花束。

Photo-0020.jpg

ピーチのカーネーションを使って

今日はお昼に仕事が終わって写真を撮る余裕があったので
ディスプレー用に作ったブーケを撮った。
とても綺麗で大ぶりのカーネーションが入ったので
白の小菊と赤のガーベラと合わせ猫柳をアクセントにしてみた。
赤のラッピングを使ってバレンタインを意識。

Photo-0022.jpg

先週はけっこうな雪が降った。

Photo-0016.jpg

雪国育ちで雪道の運転も慣れているとはいえ
夏タイヤでの運転は怖い。
5センチくらいの積雪でこの日のマンチェスター空港は閉鎖になった。

今日はMOT(車検)でタイヤに釘が刺さっているのが見つかったので
タイヤ屋へ行ってきた。
整備屋のピーターが釘はタイヤの表面に刺さっているだけで
ちょっとした修理でタイヤは取り替えなくてもいいかもしれないと言っていた。
タイヤを見てもらうときに夫が勘違いして運転席側と助手席側を
間違って言ってしまった。
釘は見つからないと言われ勘違いに気がついた。
見つかったのは釘ではなく金属の破片だった。
全くタイヤへは影響がないということだった。
夫が手間をかけてしまった男性にチップをあげようとしたが受け取らない。
会計をしようとしても修理にならなかったからお金も要らないと言う。
夫は受付で他の二人にチップを受け取ってもらえないいきさつを話し
皆でお茶でも飲んでくれとそのチップを渡した。

車の中で夫といまどきチップをもらわないなんて珍しいねと言いながら
なんだか気持ちが良かった。