続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

2013年12月 の記事一覧

2013年最後の日

早いもので2013年も今日で終わりです。
今年は1月の母のSOSから始まり
1月末には父が老人保健施設へ入所。
4月には母が自宅で転倒し大腿骨骨折。
6月と8月に2度の里帰り。
とてもバタバタとした年でした。
あっという間に大晦日が来たような感覚です。
それでも健康に恵まれ笑って迎えられる大晦日です。

新年はどんなことが待っているのか・・・

今年もブログを通じて皆様にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

素敵な新年をお迎えください。

スポンサーサイト

クリスマスカード

IMGP4388.jpg

母からのクリスマスカードが28日に届いた。
さっそく母に電話をし、看護師さんにもお礼のメールを送った。
母も届いたと聞いてほっとしたようだ。
私もとっても嬉しい。

クリスマスローストチキン



今年も上手に焼けました。

IMGP4385.jpg

久しぶりにスパークリングワインを開けた。
最近アルコールを飲んでいないので
二人で1瓶は空けられなかった。
翌日は残ったお肉を使ってチキンカレー。

忘れてた!!!

職場が大忙しの中、私一人今日から3日間のクリスマス休暇。
お店はクリスマスだけのお休みで今年からボクシングデー(26日)も
元旦も開店することになってしまった。
大手スーパー4社の中で私のスーパーだけが
この2日のお休みを守っていたのだが競争には勝てないようだ。

夫の母の所にクリスマス前に行こうと言っていて
日曜日に行く予定をしていた。
しかし私の風邪がうつった夫の調子が悪く
最近は眠くて仕方ないらしく日曜日お昼前に寝室に行ったら
2時過ぎまで寝てしまった。
日曜日はもう無理だから昨日の月曜日に行くことにした。

そこで私の予定は変わってしまった。
月曜日、仕事が終わったらクリスマス前の買い物をする予定だった。
でも仕事が終わったらすぐ帰宅してお母さんのところへ行くので
昼休みに買い物をすることにした。
大混雑の中、チキンなどクリスマスメインの材料やその他を
買い物籠に放り込んでレジを済ましたところで
お母さんや家族へのクリスマスカードを買い忘れたことに気がつく。
またカードを持ってレジに並ぶ。
何とかお昼を食べてこれで昼休みは終わり。

職場から家に戻り夫をピックアップして制服のまま夫の母を訪ねる。
何とか今年も義務を果たしお母さんの家をあとにしたら
もう7時を過ぎていた。
夕食は途中でケンタッキーフライドチキンに寄って仕入れた。

夕食を済ませ届いたカードや会社やお母さんにもらったカードを飾った。
やれやれとした気持ちで夫が5ポンドも出して買ってくれたカードを見ていたら
突然重大なことに気がついた。

夫のカードを忘れた。

仕事も忙しく頭の中が蒸発状態でお母さんのカードのことばかり頭にあって
すっかり夫の事は忘れていた。

ごめん、カード忘れたと言うと夫は
いいよ、いいよ、ここ数週間体調が悪かったし
仕事もすごく忙しかったんだから仕方ないよと言ってくれた。

しかし後味が悪い。
私にとってカードを送るのはそれほど意味は無いが
イギリス人にとってはカードを送るのは習慣のようなものだから
夫にとってはちょっとショックだったに違いない。

今日買い置きしてあったカードを使い夫に渡した。
それでも喜んでくれたが悪い事をしてしまった。

母の笑顔

__.jpg

この写真は母の訪問看護師さんがメールで送ってくださった。
満面の笑顔の母。
私でもなかなか母の笑顔は撮れない。

私が里帰り中に母の訪問看護が始まった。
初日に来てくださったこの看護師さんを母は一日目で気に入ってしまった。
横で見ていて母がこの方を信頼しているのがわかった。
体調を診てもらい体操や散歩を一緒にしたり
それだけでなく話し相手にもなっていただいているようだ。

この写真を撮る前の週に看護師さんから来週写真を撮って
娘さんに送るから綺麗にしていてねと言われた母は
美容室に行き、お気に入りのセーターを着たようだ。

写真で手にしているのはクリスマスカードだそうで
それを書くのを手伝ってくれてイギリスまで
送ってくれるとのこと。
妹が生きていた頃は妹が荷物を送ってくれて
その中に母からのものもあったが
妹がいなくなってからは母がイギリスまで
手紙や物を送るのは大変なので私も頼んではいなかった。
だから今回母が書いたカードが送られてくるのは
母にも私にとっても嬉しいことだ。

寝るときにマスク

体調は大分回復し風邪は治りつつあるようだ。
今回何年かぶりでマスクをした。
自宅に居る時だけだったが呼吸が楽になった。
マスクをしたまま寝たら寝苦しいかと思ったら
かえってよく寝れた。
翌朝喉の渇きや痛みが無かった。
もう大分よくなったと思ってマスク無しで寝たら
朝ひどく口の中や喉がひどく渇いていた。
またマスクをして寝ることを続けていたら
風邪が治ってきただけでなく他にもいいことが。

ここ数年前から寝ている間に鼻が詰まって息苦しくなって
寝返りを打ったりいびきもかくようになっていた。
マスクをして寝たら鼻が詰まらなくなってきた。
あと冬になると寒くて鼻が冷たくなる。
夫は窓を閉めて寝ると寝れないと言って冬も寝室の窓は開けたたまま。
余計寝室は寒く私の鼻も冷たくなる。
マスクのおかげで鼻が冷たくないので寝やすい。
もう少し寝るときのマスクを続けてみようかな。

空飛ぶ小包

今日やっとクリスマスツリーを出した。
今年は風邪で具合が悪いのを理由に出し遅れたが
毎年12月は忙しいのでツリーを出すのが面倒臭くなっている。 

先週の朝起きて1階に下りると先に起きていた夫が話しかけてきた。
スカイニュースを見ていて大笑いしたよと。
ニュースではロイヤルメールがクリスマスを目前にして
臨時に人を雇い万全であると強調していたそうだ。
ロンドンのある配送センターからの生中継だったが
リポーターが責任者をインタビューしているその後ろで
仕分けされている小包がどんどん放り投げられていて
宙を舞っていたそうだ。
リポートの最後にテレビ局のアナウンサーが
「僕宛の小包があの中に混じっていないことを祈る」と言ったそうだ。
夫は今頃苦情が殺到しているだろうと笑っていた。

それから20分ほど経ってまたその配送センターからの中継があった。
仕分けされた小包をとても大事そうに係りの人が荷台に乗せていた。
かなりの苦情があったようだねと夫と見ていた。

以前イギリスに移られた日本の方のブログで
日本から送った瀬戸物がほとんど割れていたのを紹介されていた。
写真には粉々になったものばかり。
金属の缶までもひん曲がっていて驚くほどだった。
これがロイヤルメールのサービスかと思わされた。

我が家は幸いにもまだ被害にはあっていないが
一度夫が注文したサンダルがお隣の裏庭に投げ込まれていたことがあった。
お隣の方があて先を見て持ってきてくださったのだが
日本では考えられないサービスだと思った。
いや日本と比べてはいけないのだろう。

フーシアリボリイヤリング

IMGP4356.jpg

スワロスキーのリボリに魅せられてイヤリングに挑戦。
キラキラと宝石みたいでいつまで見ていても飽きない。

(私の小指は普通の人より短い)

マスク

今年はたちの悪い風邪をひいてしまった。
3週間経った今も治ってきたようにも思えるが
まだ身体が本調子には戻らない。
先週末あたりから夫にもうつってしまった。

友達がマスクで喉に湿気を与えるとウイルスが
死滅すると教えてくれた。
今年は里帰りでマスクを買ってきた。
イギリスで売っているところを見たことが無い。
母からも風邪をひいたらマスクをするようにと
よく言われていたので今回は忘れずに買ってきた。
イギリスに来てからマスクをした人も見たことが無い。
夫に聞くとお医者さんくらいしかマスクをしないよと言っていた。

外や仕事場でマスクをする勇気が無かったので
家にいるときだけマスクをしてみた。
喉や口の中の渇きが和らいだ。
マスクをしたまま寝たらその前日まで咳で寝れなかったのが眠れた。

夫が風邪をひいたのでマスクをすすめてみた。
初めは少々疑い気味だったが湿気で呼吸が楽になったようで
思い出したようにマスクをしている。
何とかクリスマスまでには治って欲しい。

募金活動

イギリスのスーパーのレジで時々募金活動が行われる。
先日レジの仕事をしていたら地元の小学生が募金活動をしていた。
イギリスのレジはベルトコンベアーで品物がやってくる。
それをスキャンして買い物を袋詰めするちょっとした台へ送る。
客はそこで各自自分で買ったものを袋に詰める。
募金活動のときはそこに小学生がスタンバイして
お客の袋詰めを手伝う。
ほとんどのお客は募金バケツに買い物のお釣りや小銭を寄付する。

その日私のレジに来た男の子二人。
一人はとても賢そうな感じの子で主にこの子が
お客さんに声をかけていた。
「袋詰めを手伝いましょうか?」
お願いするわという客。
いや大丈夫という客など様々だ。
私は断ってしまうほうなのだが。

一人のご夫人とこの男の子のやり取りを聞いていた。
この子に袋詰めを頼んでから色々と質問していた。
ちゃんと詰められる?
重いものとつぶれやすいものは分けられる?
するとこの子は
「学校でちゃんとビデオを見て詰め方を勉強しましたから
大丈夫です。」と答えていた。
私はそういうビデオがあることに感心していた。

ただ単に募金を募るだけでなく
手伝いをしてお金をもらうという姿勢は私は好きだ。

デイジースパイラルチョーカー

いつもは流行の風邪はひかない私が今年はしっかりもらってしまった。
もう3週間近く治らず、今週は勤続8年で初めて仕事を休んだ。
咳も峠を越し、ようやく回復に向かっている気がする。



クリスマスカラーを意識してのチョーカー。
ネットステッチとデイジーをらせん状に編んだ。

IMGP4315.jpg

参考にしたものにはお花の中心にビーズは入っていなかったが
入れてみたらしまった感じがする。

我が家のペコちゃん

IMGP4288.jpg

Lidlへ買い物に行ったら手のひらサイズの
ポインセチアがあったので思わず買ってしまった。

人は何かに熱中しているときにそれぞれの癖が出る。
夫が何かを真剣にやっているとき、たとえばつり道具の手入れ。
それからマリネをタッパーに詰めるとき。
いつも不二家のペコちゃんのように舌先がちょこっと見える。
巨体の夫だがその顔が可愛いと思ってしまう。

木の葉イヤリング

IMGP4280.jpg

木の葉のモチーフにドロップのビーズを入れてみた。
本当は平らな葉の形になるはずが編み方がきつかったのか
赤の丸小ビーズが小さめだったのかゆがんでしまった。
そこでねじってみたらいい形になったのでこれでよしとしよう。

クリスマスツリー2013

Photo-0001.jpg

11月半ばからお店にクリスマスツリーがお目見え。
今年もデイブが何時間もかけて飾り付けた。
我が家のクリスマスツリーはまだ。
毎年出遅れ。
日曜日にやろうかな。

ペヨテスパイラスネックレス



5種類の色やサイズの違うビーズを使ってペヨテスパイラル。
初めのデザインはブレスレットと思っていたのに
どうも頭で描いたものには近づかない。
結局ネックレスにしてしまった。