続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

食べ物

カテゴリ:食べ物 の記事一覧

ゆで卵

ゆで卵の作り方(出演:夫)。
夫は大の卵好き。
これは里帰り中に見たテレビで毎日千個以上も
ゆで卵を作っているお店の方が伝中。

卵の尖がった方を下にしてお尻のほうを
軽く叩いてひびを入れる。

IMGP6597.jpg

IMGP6598.jpg

私は冷水から15分茹でる。
冷水にとって卵全体に軽くひびを入れ1分くらい置いて殻をむく。

IMGP6599.jpg

けっこう楽にむける。

スポンサーサイト

冷凍タパス

IMGP6468.jpg

Lidlで買ってきた冷凍タパス。
私の好きなタコの地中海風。
それほど期待をしていなかった。
今日のランチで食べてみたらこれが美味しかった。
あまりの美味しさに「美味しい」と独り言。

IMGP6469.jpg

直径10センチほどのポットに入っていて
オーブンで20分ほど焼くだけ。
ソースにはニンニク、ドライトマト、ハーブ、オリーブのみじん切りなどが入っていて
それとタコの出汁も出ていて美味しい。
最後のほうはパンにソースを吸わせたり更にスプーンですくったり。
2つで500円くらい。
また見つけたら買ってこよう。

フラットピーチ

IMGP6439.jpg

今年もフラットピーチの季節がやってきた。
甘みがあって日本の桃の味に似ている。
まだ軟らかくなっていなかったが待ちきれずに食べた。
皮はむきづらかったがしっかり甘くて美味しかった。
美味しいよと言っても食わず嫌いの夫は
馴染みがないので食べない。
こんなに美味しいのにもったいない。
4つ入って1ポンドもしない値段も嬉しい。

鴨肉のロースト

昨日勤務評価を受けた。
先月半ばで勤続年数10年になってしまった。
自分で驚いている。
半年ほどかかってこのスーパーに仕事が決まったときは
次にちゃんとした職場が決まるまでのつなぎのつもりだった。
それがもう10年。
日本で一番長い職歴は6年だったのに。

本題はローストダック。
私は鴨肉が大好き。
週に1回は行く安売りスーパーのLidlでたまに鴨肉の胸肉が売られる。
2つ入って5.99ポンド。

IMGP6160.jpg

これが美味しい。
いつもあるものではないので見つけたら2パック買い冷凍する。
夫は油っぽいと鴨肉は苦手なので私一人でいただく。
7分ほどフライパンで焼いたらあとはアルミホイルとキッチンタオルで
肉をくるみ更にクーラーバッグに入れて20分ほど寝かし
肉に熱を通す。
切ったお肉はピンク色。

IMGP6164.jpg

もう美味しくて自画自賛。
鴨肉のときは一人で赤ワイン。
どうして夫はこんなに美味しいものを食べられないのか?
それでも嬉しそうにして鴨肉を食べている私を見て
夫も嬉しそうにしている。

ケールチップス

IMGP5678.jpg

tugukiさんが作っていたケールチップスに挑戦。
細かく切られたケールがあったのでそのまま使えると思って買った。
パッケージを開けてみると細かすぎたが使った。
ケールを洗って水気を取りトレイの上に並べてオイルをスプレーした。
その上から塩を振りかけた。
150度のオーブンで15分から20分くらい。
私は20分にしたらちょっと焦げてしまった。
次回は15分にしよう。
写真の左下はつまみ食いしたあと。
一口目、苦いと思ったがちょっと癖になりそうな苦さ。
嫌いではない。
次回はこま切りにされていないケールを買ってきて
15分でやってみよう。

夫は食わず嫌い挑戦嫌いなので目もくれなかった。

ポーチドエッグ

夫は卵が大好き。
毎週30個くらい卵を消費する。
朝食に目玉焼き、スクランブルドエッグが続いていて
何か変化が欲しくなっていたときに偶然見つけたのがシリコンカップ。

IMGP5103.jpg

カップにオイルをスプレーして卵を入れ
フライパンに水をはり蓋をして6,7分。

IMGP5105.jpg

このシリコンカップは2個で1,5ポンドだった。

IMGP5107.jpg

シリコンカップだと場所もとらずいい。
油もバターも使わないので夫のダイエットにも良さそう。
いま研究しているのは何分にすればちょうど良い半熟の黄色身にできるかということ。

皮なしシュウマイ

IMGP4629.jpg

無性にシュウマイが食べたくなったが皮が無い。
思いついたのが片栗粉をまぶして蒸すこと。
見た目は悪いが美味しくできた。
夫は蒸したシュウマイが嫌いなので
同じ種を使ってハンバーグ。
とても美味しかったそうだ。
手間がかかるがお互いに食べられる物を食べるためには
仕方ないか。

最後のひとつ

昨日は朝夫に夕飯はローストチキンにしようかと話していた。
昨日は日曜出勤で休憩時間を使って買い物した。
材料を揃え最後に鶏肉売り場へ行くと
なんと丸ごとの鶏がひとつも残っていない。
まさか売り切れなんて・・・
売り場から夫にどうしようと電話する。
夫も私の頭も夕食はローストキチンになってしまったので
容易に変えられない。
日曜日イギリスのスーパーの営業時間は10時から4時までが多い。
私も4時に終わるので他のスーパーも終わっている。
夫がそうだCoopなら9時まで開いていると言うので
仕事が終わったらまっすぐに家に帰り夫を横に乗せて
近所で一番大きそうなCoopへ行った。
一目散にチキンを探すとあった。
それもたったひとつ。
私と夫は喜びを噛み締めて家路についた。
夕食は予定通りローストチキン。
美味しかった。
ごちそうさま。

マリネ

里帰り中に母のマリネを食べた。
夫も好きでずい分前は私も作っていたのだが
ここ何年かご無沙汰していた。
作り置きしておくと1週間ほどもつ。
ご無沙汰していた理由は切る野菜の量が多いことだった。

野菜を切る。
玉ねぎ2個、パプリカ赤と黄を1個ずつ、セロリ3本くらい。

塩で揉んで10分ほど置く。
軽く洗って塩気を取る。

マリネ液を作る。
酢  大さじ4(我が家はりんご酢)
醤油 大さじ2
つゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん大さじ1

ここから夫の出番
タッパーにマリネ液を加えた野菜とハムを交互に重ねていく。
IMGP3926.jpg
切るところからやってくれるとかなり助かるのだが・・・

最後にボールに残ったマリネ液も加えて
ラップを張ってから蓋をし冷蔵庫へ。
IMGP3927.jpg

母のマリネはボイルベビーホタテや茹でたイカ、たまにハム。
シーフードはそれからもだしが出て美味しいのだが
夫はシーフードが苦手なのでハムしか使えない。残念。
母のマリネ液はつんとこなく美味しい。

仕事が遅く終わるときは出来合いのもので済ませるのが多いので
野菜不足になってしまう。
この一品があると結構助かる。

追記;砂糖の分量間違えました。大さじ1に訂正しました。

パープルペッパー

IMGP3589.jpg

変わった物好きなので初めて見た物は
とりあえず試してみたい。
パープルペッパー。

切ってみたらびっくり。
IMGP3592.jpg
果肉もパープルだと思っていたら緑だった。

炒め物に使ったら加熱されると緑色になるようで
普通のペッパーと変わりなかった。
期待した分ちょっと残念だった。