続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

仕事関係 > 人違い

人違い

昨日ガーデンセンターに来たフレンドリーなおじさん。
藤の苗はあるかと尋ねられ探していると
「この前あんたに怒鳴られたよね。」と言う。
私がお客さんに怒鳴る?
そもそも普段でも声を荒げることのない私。
私の頭の中はクエッションマークでいっぱい。

でもすぐにこのお客さんが勘違いしているのがわかった。
「それは私じゃないです。アリソンと言う中華系のスタッフと
私を間違っていませんか」と尋ねると
「え、他にもアジア系のスタッフがいるの?」
私の顔をよく見てどうやら違いがわかったようだ。

アジア系の社員は私を含め3人。
内一人は男性。
お客さんの中には私とアリソンを同一人物だと思っている人が多い。
アリソンはまだ30代後半。
ショートヘアーだけど私のような白髪はない。
それでも私達の見分けがつかない人が多いようだ。

アリソンとは仲が良く好きだけど
一つ困った事はアリソンは相手が誰だろうと
思ったことをズケズケ言うところ。
今までも結構彼女の口が災いしている。
数年前他の部署のスタッフにアリソンが下品な言葉を使い
それを私と勘違いした人が私のボスに苦情を言ってきた。
私のボスはKemmiがそんなことを言うわけがないと
相手の言葉を鵜呑みにせず色々と調べたら
それは私ではなくアリソンだった事が判明。

まだまだ私達を同じだと思っている人がいると再確認。
アリソンよ、くれぐれも私をトラブルに巻き込まないでね。

スポンサーサイト

面倒でわずらわしい人まちがい。kemmiさんのお気持ちを
お察しいたします。(^^;)今度派手なグラサンをかけ
るか、奇抜な衣装でアピールするか、またはネーム札?を
大きくカラフルに色付けするとか、お試しあれ〜...な〜ん
ちゃって・・・。(^^;)

2017.04.24 08:20 北の旅烏 #- URL[EDIT]
北の旅烏さま

髪型を変えるという手もありますね。
私は短いほうがすきなので
アリソンに変えてもらいたいですね。

2017.04.25 05:14 kemmi #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する