続イギリスで始めたこと

2001年からイギリスに住んでいます。 人生何があるかわかりません。思いもしなかった異国暮らし。 日々の生活の中で思うこと、発見したこと、出来事などを書いています。

EDAMAME

IMG_20171019_183138935.jpg
 
仕事帰りに買い物をしていたら思いがけない物を見つけた。
枝豆。
試しに買ってみた。

IMG_20171019_183623672.jpg

サラダにトッピング。
残りはめんつゆに漬けてみた。

同じセクションに茹でられた蕎麦も売られていた。
これは遠慮させてもらった。
本物の蕎麦を知っている私なら食べられないと思う。
さて一体どなたがどんな風に食べるのか?
きっとすぐに売り場から姿を消すだろうと思う。

追加
IMG_20171020_180200394.jpg

めんつゆと同量の水と少量のおろし生姜で漬けた枝豆。
美味しくできた。

スポンサーサイト

ピンクローズ

IMGP7112.jpg

FOMOというメーカーのローズクォーツ色の粘土を使って
バラのネックレスとイヤリングのセットを作ってみた。
とてもきれいな淡いピンクのバラになった。

IMGP7098.jpg

実はこれは2作目。
最初のは見事に失敗。
いつも私が使っているのはPREMOの粘土。
1作目はFIMOとPREMOを混ぜて使った。

IMG_20171018_115242246.jpg

失敗。
グラデーションを出すのにいつもは一色に白を加えていくのに
今回は一番外側だけにFIMOのローズクォーツを使った。
焼く前は不透明だったのでいいグラデーションになると思っていたら
焼いた後のローズクォーツは透明感とパール感が出ていた。
もう一つ間違えたのは焼く温度。
PREMOは130度でFIMOは110度。
1作目の外側の花弁は少し焦げたのか色が濃くなっている。

なかなか1回では上手くいかないと実感した。

テレビの怪

先週くらいからテレビが電源が突然切れたと思ったらすぐに点きだした。
このテレビはまだ1年くらいなのだがイギリス製なので
寿命が来たのかとも思った。
夫と安かったから長持ちしないかなと話していた。

この現象が続いて数日たったらおかしなことに気づいた。
テレビが突然切れるときいつも同じCMの最中だということ。
このCM以外テレビの電源は落ちることがない。
クルーズのCMで海の素敵なシーンが始まると
まず最初に音声がなくなる。
そしていつも同じ場面でテレビの電源が落ちてまたすぐ入る。
とても不思議。
このCMの時だけなのだ。
呪われたCMだろうかと夫と話している。

OSAKA

30516328-front-640x360[1]

夫が60歳になる少し前にメガネ屋さんで60歳以上になると
25%の割引が受けられるとわかった。
その日を待って新しい眼鏡を作った。
夫は決めていたフレームのデザインがあった。
ジョンレノンのかけていた丸いフレームだそうだ。
夫が選んだのは写真のフレーム。
なぜかフレームの名前はOSAKA。
それが今日出来上がって受け取ってきた。
夫はとても気に入っている。
私にとってこのメガネのイメージは東海林太郎。

レッグウォーマー

先月老人ホームにいる母に電話をした。
認知症ではあるがある程度の会話はできる。
元気そうで安心した。
服が欲しいと言っていたので友達に頼もうと思ったが
オンラインショップで頼むことができるか調べると
お年寄りの服を頼めるお店が結構あったので
そのお店から選ぶことにした。
ホームでは持ち物に名前を付けなければいけない。
そのお店では刺繍で名前を入れてくれる。
これは嬉しいサービスだ。
決まった金額を超えると送料も無料になる。
北海道は本州に比べると送料が若干高くなってしまう。
あと600円程足りなかったので何かないかとみていたら
レッグウォーマーがあった。
母は脊椎の数か所がつぶれてしまい背が縮んでしまったが
昔は160センチあり私とそれほど変わらなかった。
背は縮んだものの足の長さは変わらないので普通のスボンだと短い。
座っている時間が長いのでズボンの裾が上がって脛が寒くなる。
そこでレッグウォーマーを追加で入れてみた。

後日老人ホームの相談員さんから荷物が届いたとメールが来た。
母は頼んだ服よりもレッグウォーマーをとても喜んで
その場ですぐに身に着けたそうだ。

メールをもらっておまけに頼んだ物が母を一番喜ばせたと知り
意外ではあったが喜んでもらえたのは嬉しかった。

サファイヤイヤリング2

IMGP7076.jpg

YouTubeで作り方を公開している方の作り方をお借りした。
これは結構お気に入り。
自分用にしてしまおうかな。

名無しの権兵衛ちゃん

スーが子猫をもらったというので送りがてら見せてもらった。

IMG_20170925_152431428.jpg

生後10週間の女の子。
名前はまだ決めていない。

IMG_20170925_152427090.jpg

とにかく可愛いーーーー!

追記。
名無しの権兵衛ちゃんは姪っ子さんが命名して
ルビーちゃんになったそうです。
でもスーはいたずら盛りのこの子をモンスターと呼んでいます。

すみれ色の薔薇

IMG_20170906_120451676.jpg

すみれ色の薔薇をアレンジしたネックレス。
飾り付けが上手くいかない。
色は好きなんだけどな。

還暦

今日は夫の誕生日。
60歳になった。
新調したシートボックスに座ってポーズ。
今日はシートボックスが壊れてから初めての釣り。

IMG_20170924_103721507.jpg

60歳はイギリスでも節目の年齢で親戚や友達を招待して
大々的なパーティーをする人も多い。
夫はそういうことは苦手なので静かな誕生日。
それでもやはり60歳になるからか先週珍しく夫の姉二人が
バースデーカードを持って遊びに来た。

思い出話に花が咲いていた。
自由奔放なお義母さんのおかげでなかなか大変な子供時代。
ボーイフレンドと出かけて何日も帰ってこず福祉課が介入して
夫たちは施設に預けられたこともある。
継父たちやボーイフレンドたちに殴られる日々。
週の半ばでお金が無くなり食べる物がなくひもじい思いもした。
夫から聞いてはいたが想像がつかない。

一番上のお姉さんが
「私たち生き延びたよね」と感慨深く言っていた。
大変な子供時代だったけど生き抜いてここまで来たよねと。

部屋に飾ってあるお義母さんの写真を眺めながら
この3人の話をどんなふうに聞いているのかなと思ってしまった。

働き者

ハンギングバスケットの植え替えをした。
今度はシクラメン。
ここに毎日やってくる働き者。
せっせと蜂蜜を集めるミツバチさん。

IMG_20170917_095145752.jpg

左手は前から欲しかったカンパニュラ。
一か月半ほど前に買った。
室内で売っていたせいで日光が足りなく花が開かないうちに枯れていた。
買ってから摘芯し新しい芽が出てきたらあっという間に大きくなって
ただいま満開。
それを見た夫がお義母さんのお墓にもカンパニュラが欲しいと言うので
同じものを買ってきた。
やはり日光が足りなくて可哀そうな状態だったのを植え替えし摘芯した。

IMG_20170917_114900409.jpg

右手に写っているのが最初に買ってきたのと同じ状態。
もう少し大きくなったらお義母さんのところへ持っていこう。